MDN’s new design is in Beta! A sneak peek: https://blog.mozilla.org/opendesign/mdns-new-design-beta/

Atomics.wake()

これは実験段階の機能です。
この機能は複数のブラウザで開発中の状態にあります。互換性テーブルをチェックしてください。また、実験段階の機能の構文と挙動は、仕様変更に伴い各ブラウザの将来のバージョンで変更になる可能性があることに注意してください。

静的メソッドである Atomics.wake() は待ち行列中のいくつかのエージェントを起こします。

付記:この操作は共有された Int32Array に対してのみ許可されています。

構文

Atomics.wake(typedArray, index, count)

引数

typedArray
共有された Int32Array
index
起こす対象となる typedArray 中の位置。
count
起こすエージェントの数。既定値は +Infinity である。

返り値

起きたエージェントの数。

例外

  • typedArray が共有されている Int32Array でない場合、TypeError が送出される。
  • index typedArray の範囲を超えている場合 RangeError が送出される。

共有された Int32Array を用意します:

var sab = new SharedArrayBuffer(1024);
var int32 = new Int32Array(sab);

読み手のスレッドは、0 番目の値が 0 であることを期待してスリープします。それが満たされている間、この場合は 0 番目の値が 0 である間は処理が進みません。しかし書き手のスレッドが新しい値 (この場合は 123)をストアした場合、読み手のスレッドは読み手のスレッドによって起こされ、新しい値 (123)を取得します。

Atomics.wait(int32, 0, 0);
console.log(int32[0]); // 123

書き手のスレッドは新しい値をストアし、待っているスレッドを起こします:

console.log(int32[0]); // 0;
Atomics.store(int32, 0, 123); 
Atomics.wake(int32, 0, 1);

仕様

仕様 状態 コメント
ECMAScript Shared Memory and Atomics
Atomics.wake の定義
ドラフト 初期定義

ブラウザ互換性

Feature Chrome Edge Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
Basic support 未サポート [2] 未サポート 46 (46) [1] [3] 未サポート 未サポート 未サポート
Feature Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
Basic support 未サポート 未サポート 46.0 (46) [1] 未サポート 未サポート 未サポート

[1] 設定で無効になっています。about:config で javascript.options.shared_memorytrue に設定することで利用できます。

[2] 現在実装中で、利用には次のオプションをつけて起動する必要があります:--js-flags=--harmony-sharedarraybuffer --enable-blink-feature=SharedArrayBuffer

[3] バージョン 46 と 47 では Atomics.futexWake() という名前で利用できます。また引数 count の既定値は 0 となっています。列の代わりに Atomics.OK、Atomics.TIMEDOUT、Atomics.NOTEQUAL を返します

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: chikoski
 最終更新者: chikoski,