Request.json()

json()Request インターフェイスのメソッドで、 このメソッドはリクエスト本体を読み込み、本文を解釈した結果を JSON として解決したプロミスとして返します。

このメソッドは json() という名前ですが、結果は JSON ではなく、JSON を入力として受け取り、それを解釈して JavaScript オブジェクトを生成した結果であることに注意してください。

構文

js
json()

引数

なし。

返値

JavaScript のオブジェクトに解決する Promise です。このオブジェクトは、オブジェクト、配列、文字列、数値など、JSON で表せるものであれば何でもかまいません。

js
const obj = { hello: "world" };

const request = new Request("/myEndpoint", {
  method: "POST",
  body: JSON.stringify(obj),
});

request.json().then((data) => {
  // do something with the data sent in the request
});

仕様書

Specification
Fetch Standard
# ref-for-dom-body-json①

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報