MouseEvent.screenX は、イベントの発生した位置の、スクリーン内での X 座標を参照できる読み取り専用の属性です。

記法

var pixelNumber = instanceOfMouseEvent.screenX

返り値

  • pixelNumber はスクリーンの左上の点からのピクセル数です。

使用例

<html>
<head>
<title>screenX\screenY example</title>

<script type="text/javascript">

function showCoords(evt){
  alert(
    "screenX value: " + evt.screenX + "\n"
    + "screenY value: " + evt.screenY + "\n"
  );
}

</script>
</head>

<body onmousedown="showCoords(event)">
<p>To display the mouse coordinates click anywhere on the page.</p>
</body>
</html>

window や document のような領域の広い要素に対してイベントを処理する場合、以下のように座標を元に適切な処理を呼び出すことができます。

function checkClickMap(e) {
  if (e.screenX < 50) doRedButton();
  if (50 <= e.screenX && e.screenX < 100) doYellowButton();
  if (e.screenX >= 100) doRedButton();
}

仕様

仕様 状態 コメント
Document Object Model (DOM) Level 3 Events Specification
MouseEvent.screenX の定義
廃止された  Document Object Model (DOM) Level 2 Events Specification からの変更なし
Document Object Model (DOM) Level 2 Events Specification
MouseEvent.sceenX の定義
廃止された 最初の定義

ブラウザ互換性

We're converting our compatibility data into a machine-readable JSON format. This compatibility table still uses the old format, because we haven't yet converted the data it contains. Find out how you can help!

機能 Firefox (Gecko) Chrome Internet Explorer Opera Safari
基本サポート (有) (有) 6 (有) (有)
機能 Firefox Mobile (Gecko) Android IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート (有) (有) (有) (有) (有)

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: chikoski
 最終更新者: chikoski,