MDN wants to talk to developers like you: https://qsurvey.mozilla.com/s3/a3e7b5301fea

MouseEvent.screenX

MouseEvent.screenX は、イベントの発生した位置の、スクリーン内での X 座標を参照できる読み取り専用の属性です。

記法

var pixelNumber = instanceOfMouseEvent.screenX

返り値

  • pixelNumber はスクリーンの左上の点からのピクセル数です。

使用例

<html>
<head>
<title>screenX\screenY example</title>

<script type="text/javascript">

function showCoords(evt){
  alert(
    "screenX value: " + evt.screenX + "\n"
    + "screenY value: " + evt.screenY + "\n"
  );
}

</script>
</head>

<body onmousedown="showCoords(event)">
<p>To display the mouse coordinates click anywhere on the page.</p>
</body>
</html>

window や document のような領域の広い要素に対してイベントを処理する場合、以下のように座標を元に適切な処理を呼び出すことができます。

function checkClickMap(e) {
  if (e.screenX < 50) doRedButton();
  if (50 <= e.screenX && e.screenX < 100) doYellowButton();
  if (e.screenX >= 100) doRedButton();
}

仕様

仕様 状態 コメント
Document Object Model (DOM) Level 3 Events Specification
The definition of 'MouseEvent.screenX' in that specification.
草案  Document Object Model (DOM) Level 2 Events Specification からの変更なし
Document Object Model (DOM) Level 2 Events Specification
The definition of 'MouseEvent.sceenX' in that specification.
勧告 最初の定義

ブラウザ互換性

機能 Firefox (Gecko) Chrome Internet Explorer Opera Safari
基本サポート (有) (有) 6 (有) (有)
機能 Firefox Mobile (Gecko) Android IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート (有) (有) (有) (有) (有)

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: chikoski
 最終更新者: chikoski,