MouseEvent.screenX

screenXMouseEvent インターフェイスの読み取り専用プロパティで、グローバル(スクリーン)座標における、マウスポインターの水平方向の座標(オフセット)を示します。

Note: マルチスクリーン環境では、水平方向に並べられた画面が単一の機器として扱われ、 screenX の範囲に画面の幅が加算されることがあります。

構文

var x = instanceOfMouseEvent.screenX

返値

double の浮動小数点値です。

これを定義する早期の版の仕様書では、ピクセル数を表す整数として定義していました。

この例では、 mousemove イベントが発行されるたびにマウスの座標を表示します。

HTML

<p>マウスを動かして、位置を確認してください。</p>
<p id="screen-log"></p>

JavaScript

let screenLog = document.querySelector('#screen-log');
document.addEventListener('mousemove', logKey);

function logKey(e) {
  screenLog.innerText = `
    Screen X/Y: ${e.screenX}, ${e.screenY}
    Client X/Y: ${e.clientX}, ${e.clientY}`;
}

結果

イベントのルーティング

ウィンドウや文書、範囲の要素にイベントをトラップすると、次の例のように、そのイベント(クリックなど)の座標を取得して、適切にルーティングすることができます。

function checkClickMap(e) {
  if (e.screenX < 50) doRedButton();
  if (50 <= e.screenX && e.screenX < 100) doYellowButton();
  if (e.screenX >= 100) doRedButton();
}

仕様書

Specification
UI Events
# dom-mouseevent-screenx

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報