Storage インターフェイスの removeItem() メソッドは、キーの名称を渡すと、指定された Storage からキーを削除します。指定されたキーに関連付けられた項目がない場合、このメソッドは何もしません。

構文

storage.removeItem(keyName);

引数

keyName
削除したいキーの名称を持つ DOMString

返値

undefined

以下の関数はローカルストレージに 3 個のデータ項目を作成して、 image データ項目を削除します。

function populateStorage() {
  localStorage.setItem('bgcolor', 'red');
  localStorage.setItem('font', 'Helvetica');
  localStorage.setItem('image', 'myCat.png');

  localStorage.removeItem('image');
}

メモ: 現実世界で使用されている例を確認するには、 Web Storage Demo をご覧ください。

仕様書

仕様書 状態 備考
HTML Living Standard
Storage.removeItem の定義
現行の標準  

ブラウザーの対応

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
removeItemChrome 完全対応 4Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 3.5IE 完全対応 8Opera 完全対応 10.5Safari 完全対応 4WebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 18Edge Mobile 完全対応 13Firefox Android 完全対応 6Opera Android 完全対応 11Safari iOS 完全対応 3.2Samsung Internet Android ?

凡例

完全対応  
完全対応
実装状況不明  
実装状況不明

関連情報

Web Storage API の使用

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mdnwebdocs-bot, mfuji09, yyss
最終更新者: mdnwebdocs-bot,