Storage.removeItem()

Storage インターフェイスの removeItem() メソッドは、キーの名称を渡すと、指定された Storage からキーを削除します。指定されたキーに関連付けられた項目がない場合、このメソッドは何もしません。

構文

storage.removeItem(keyName);

引数

keyName
削除したいキーの名称を持つ DOMString

返値

undefined

以下の関数はローカルストレージに 3 個のデータ項目を作成して、 image データ項目を削除します。

function populateStorage() {
  localStorage.setItem('bgcolor', 'red');
  localStorage.setItem('font', 'Helvetica');
  localStorage.setItem('image', 'myCat.png');

  localStorage.removeItem('image');
}

メモ: 実際の例として、 Web Storage Demo をご覧ください。

仕様書

仕様書 状態 備考
HTML Living Standard
Storage.removeItem の定義
現行の標準

ブラウザーの対応

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
removeItemChrome 完全対応 4Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 3.5IE 完全対応 8Opera 完全対応 10.5Safari 完全対応 4WebView Android 完全対応 ≤37Chrome Android 完全対応 18Firefox Android 完全対応 6Opera Android 完全対応 11Safari iOS 完全対応 3.2Samsung Internet Android 完全対応 1.0

凡例

完全対応  
完全対応

関連情報

Web Storage API の使用