Storage インターフェイスの removeItem() メソッドはキーの名称を渡すと、ストレージからキーを削除します。

構文

storage.removeItem(keyName);

引数

keyName
削除したいキーの名称を持つ DOMString

戻り値

戻り値なし。

以下の関数はローカルストレージに 3 個のデータアイテムを作成して、image データアイテムを削除します。

function populateStorage() {
  localStorage.setItem('bgcolor', 'red');
  localStorage.setItem('font', 'Helvetica');
  localStorage.setItem('image', 'myCat.png');

  localStorage.removeItem('image');
}

注記: 実際の例として、Web Storage Demo をご覧ください。

仕様

仕様書 策定状況 コメント
Unknown
removeItem() の定義
不明  

ブラウザ実装状況

We're converting our compatibility data into a machine-readable JSON format. This compatibility table still uses the old format, because we haven't yet converted the data it contains. Find out how you can help!

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
localStorage 4 3.5 8 10.50 4
sessionStorage 5 2 8 10.50 4
機能 Android Firefox Mobile (Gecko) IE Phone Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート 2.1 ? 8 11 iOS 3.2

すべてのブラウザで、localStorage および sessionStorage が受け入れる容量は異なります。さまざまなブラウザのストレージ容量を報告しているページがあります。

注記: iOS 5.1 より Safari Mobile は localStorage データを cache フォルダに保存しており、概して空き容量が少ない場合に OS の要求により、時々クリーンアップを受けます。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: yyss
最終更新者: yyss,