PushSubscription: getKey() メソッド

getKey()PushSubscription インターフェイスのメソッドで、サーバーに送信されてプッシュメッセージのデータを暗号化するために使用される、クライアントの公開鍵を表す ArrayBuffer を返します。

構文

js

getKey(name)

引数

method

クライアントの公開鍵の生成に使用される暗号化方式です。取りうる値は以下の通りです。

p256dh

P-256 曲線(つまり、NIST secp256r1 楕円曲線)の楕円曲線ディフィー・ヘルマン公開鍵です。結果として得られるキーは、ANSI X9.62 フォーマットで非圧縮ポイントとなります。

auth

Message Encryption for Web Push で記述されている認証秘密です。

返値

js

reg.pushManager.getSubscription().then((subscription) => {
  // プッシュメッセージからサブスクライブ / アンサブスクライブ
  // する任意の UI を有効にする

  subBtn.disabled = false;

  if (!subscription) {
    console.log("Not yet subscribed to Push");
    // プッシュを購読していない場合、ユーザーがプッシュできるように
    // UI を設定する。
    return;
  }

  // プッシュメッセージを購読していることを表示するように
  // UI を設定する。
  subBtn.textContent = "Unsubscribe from Push Messaging";
  isPushEnabled = true;

  // 購読ステータスのための UI 要素の設定を含んで状態を初期化し、
  // プッシュ経由でサブスクライバーを更新する。
  const endpoint = subscription.endpoint;
  const key = subscription.getKey("p256dh");
  const auth = subscription.getKey("auth");

  // ...
});

仕様書

Specification
Push API
# dom-pushsubscription-getkey

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser