PushSubscription.toJSON()

これは実験的な機能です。本番で使用する前にブラウザー実装状況をチェックしてください。

PushSubscription インターフェースの toJSON() メソッドは、スタンダードなシリアライザーです:これは、便利なショートカットを提供するサブスクリプションプロパティの JSON 表記を返します。

構文

​mySubscription = subscription.toJSON()

パラメーター

なし。

戻り値

JSON オブジェクト。現在、endpoint メンバーとしてサブスクリプションエンドポイントのみを含みます。

navigator.serviceWorker.ready.then(function(reg) {
  reg.pushManager.getSubscription().then(function(subscription) {
    var mySubscription = subscription.toJSON();
    // サブスクリプションの詳細を使用して何かを実行する。
  })        
});

仕様

仕様 状態 コメント
Push API
PushSubscription (see serializer listed in the WebIDL) の定義
草案 初期定義。

ブラウザ実装状況

現在、互換性データを可読形式の JSON フォーマットに置き換えているところです。 この互換性一覧は古い形式を使っており、これに含まれるデータの置き換えが済んでいません。 手助けしていただける場合は、こちらから!

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
基本サポート 42.0 46.0 (46.0)[1] 未サポート ? 未サポート
機能 Android Android Webview Firefox Mobile (Gecko) Firefox OS IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile Chrome for Android
基本サポート 未サポート 未サポート 48.0 (48)[2] 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート 42.0

関連項目

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: YuichiNukiyama
最終更新者: YuichiNukiyama,