PushSubscription.endpoint

これは実験的な機能です。本番で使用する前にブラウザー実装状況をチェックしてください。

PushSubscription インターフェースの endpoint 読み取り専用プロパティは、プッシュサブスクリプションに関連するエンドポイントを含む USVString を返します。

エンドポイントは、 プッシュサービスに加入している特定の Service Worker にプッシュメッセージを送信するために使用するプッシュサーバーへのカスタム URL エンドポイントの形式をとります。このため、他者がこれをハイジャックしてプッシュ機能を乱用しないように、エンドポイントを秘匿する方が良いです。

構文

var myEnd = pushSubscription.endpoint;

USVString

navigator.serviceWorker.ready.then(function(reg) {
  reg.pushManager.subscribe({userVisibleOnly: true}).then(function(subscription) {
    console.log(subscription.endpoint);

      // この時点で、サブスクリプションエンドポイントをサーバーに送信し、
      // 保存した後、 後でプッシュメッセージを送信するために使用します。
  })
})

仕様

仕様 状態 コメント
Push API
endPoint の定義
草案 初期定義。

ブラウザ実装状況

現在、互換性データを可読形式の JSON フォーマットに置き換えているところです。 この互換性一覧は古い形式を使っており、これに含まれるデータの置き換えが済んでいません。 手助けしていただける場合は、こちらから!

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
基本サポート 42.0 44.0 (44.0)[1] 未サポート ? 未サポート
機能 Android Android Webview Firefox Mobile (Gecko) Firefox OS IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile Chrome for Android
基本サポート 未サポート 未サポート 48.0 (48)[2] 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート 42.0

関連項目

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: YuichiNukiyama
最終更新者: YuichiNukiyama,