キャンバスとピクセル操作

これまで、キャンバスの実際のピクセルは見てきませんでした。 ImageData オブジェクトを使用して、ピクセルデータを操作するためにデータ配列へ直接読み取りや書き込みを行うことが可能です。また、画像のスムージング(アンチエイリアシング)の制御方法やキャンバスの画像を保存する方法も見ていきます。

ImageData オブジェクト

ImageData オブジェクトは、キャンバスオブジェクトの領域にあるピクセルデータを表します。これには以下の読み取り専用プロパティがあります。

width

画像の幅をピクセル数で表します。

height

画像の高さをピクセル数で表します。

data

0 から 255 の間の (両端の値を含む) 整数データを RGBA の順で収めた一次元配列を表す Uint8ClampedArray です。

data プロパティは、生のピクセルデータを参照するためにアクセス可能な Uint8ClampedArray を返します。それぞれのピクセルは 4 つの 1 バイト値(赤、緑、青、アルファの順、すなわち "RGBA" 形式)で表されます。また、それぞれの色成分は 0 から 255 の間の整数で表します。さらに、それぞれの成分は配列内で連続した添字が割り当てられており、左上のピクセルの赤色成分が配列の添字 0 になります。配列の中でピクセルは左から右へ進み、さらに下へと進んでいきます。

Uint8ClampedArrayheight × width × 4 バイトのデータがあり、添字の範囲は 0 から (height×width×4)-1 になります。

例えば画像の 50 行目の 200 列目にあるピクセルから青色成分の値を読み取るには、以下のようにします。

blueComponent = imageData.data[((50 * (imageData.width * 4)) + (200 * 4)) + 2];

座標(X と Y)が与えられると、次のようなことをすることになるかもしれません。

var xCoord = 50;
var yCoord = 100;
var canvasWidth = 1024;

function getColorIndicesForCoord(x, y, width) {
  var red = y * (width * 4) + x * 4;
  return [red, red + 1, red + 2, red + 3];
}

var colorIndices = getColorIndicesForCoord(xCoord, yCoord, canvasWidth);

var redIndex = colorIndices[0];
var greenIndex = colorIndices[1];
var blueIndex = colorIndices[2];
var alphaIndex = colorIndices[3];

var redForCoord = imageData.data[redIndex];
var greenForCoord = imageData.data[greenIndex];
var blueForCoord = imageData.data[blueIndex];
var alphaForCoord = imageData.data[alphaIndex];

または ES2015 では次のようになります。

const xCoord = 50;
const yCoord = 100;
const canvasWidth = 1024;

const getColorIndicesForCoord = (x, y, width) => {
  const red = y * (width * 4) + x * 4;
  return [red, red + 1, red + 2, red + 3];
};

const colorIndices = getColorIndicesForCoord(xCoord, yCoord, canvasWidth);

const [redIndex, greenIndex, blueIndex, alphaIndex] = colorIndices;

Uint8ClampedArray.length 属性を読み取ると、ピクセル配列のサイズをバイト数で知ることができます。

var numBytes = imageData.data.length;

ImageData オブジェクトの作成

新たに空の ImageData オブジェクトを作成するには、createImageData() (en-US) メソッドを使用します。createImageData() メソッドは 2 種類の形式があります。

var myImageData = ctx.createImageData(width, height);

これは、特定の寸法の新たな ImageData オブジェクトを作成します。すべてのピクセルは透明な黒色(すべてがゼロ、すなわち rgba(0,0,0,0))に設定されます。

新たな ImageData オブジェクトを、 anotherImageData で指定したオブジェクトと同じ寸法で作成することもできます。新しいオブジェクトのピクセルは、すべて透明な黒色に設定されます。画像データはコピーされません!

var myImageData = ctx.createImageData(anotherImageData);

コンテキストのピクセルデータの取得

キャンバスのコンテキストのピクセルデータの複製を持つ ImageData オブジェクトを取得するには、getImageData() メソッドを使用します。

var myImageData = ctx.getImageData(left, top, width, height);

このメソッドは (left,top)、(left+width, top)、(left, top+height)、(left+width, top+height) の点で四隅を表したキャンバスの領域のピクセルデータを表す ImageData オブジェクトを返します。点の座標は、キャンバスの座標空間の単位で指定します。

Note: 返される ImageData オブジェクトで、キャンバスの外部にあるピクセルはすべて透明な黒色になります。

このメソッドは、キャンバスを使用した動画の操作 (en-US)の記事でも説明しています。

カラーピッカー

この例では、マウスカーソルの下にある色を表示するために getImageData() (en-US) メソッドを使用しています。ここでは現在のマウスカーソルの位置を layerXlayerY で求めて、getImageData() (en-US) が提供するピクセル配列で該当位置のピクセルデータを探します。最後に、色を表示するための <div> で背景色とテキストを設定するために、配列データを使用します。

var img = new Image();
img.crossOrigin = 'anonymous';
img.src = './assets/rhino.jpg';
var canvas = document.getElementById('canvas');
var ctx = canvas.getContext('2d');
img.onload = function() {
  ctx.drawImage(img, 0, 0);
  img.style.display = 'none';
};
var hoveredColor = document.getElementById('hovered-color');
var selectedColor = document.getElementById('selected-color');

function pick(event, destination) {
  var x = event.layerX;
  var y = event.layerY;
  var pixel = ctx.getImageData(x, y, 1, 1);
  var data = pixel.data;

    const rgba = `rgba(${data[0]}, ${data[1]}, ${data[2]}, ${data[3] / 255})`;
    destination.style.background = rgba;
    destination.textContent = rgba;

    return rgba;
}

canvas.addEventListener('mousemove', function(event) {
    pick(event, hoveredColor);
});
canvas.addEventListener('click', function(event) {
    pick(event, selectedColor);
});

このコードの使い方は、次のライブ例で紹介します。

ソースコードもご覧ください。 HTML, JavaScript です。

コンテキストへのピクセルデータの描画

putImageData() (en-US) メソッドを使用して、コンテキストにピクセルデータを描くことができます。

ctx.putImageData(myImageData, dx, dy);

引数 dxdy は、描画したいピクセルデータの左上の隅を描く位置を、コンテキストのデバイス座標で示します。

例えば myImageData が表す画像全体をコンテキストの左上の隅から描くには、単純に以下のようにします。

ctx.putImageData(myImageData, 0, 0);

色のグレースケール化と反転

この例では、すべてのピクセルに対して繰り返し処理を行い、値を変更したピクセル配列を [putImageData()] (/ja/docs/Web/API/CanvasRenderingContext2D/putImageData) を使ってキャンバスに戻しています。反転機能は、最大値 255 から各色を減算します。グレースケール関数は、赤、緑、青の平均値を使用します。また、例えば x = 0.299r + 0.587g + 0.114b という式で与えられる加重平均を使用することもできます。詳しくは Wikipedia のグレースケールをご覧ください。

var img = new Image();
img.crossOrigin = 'anonymous';
img.src = './assets/rhino.jpg';

var canvas = document.getElementById('canvas');
var ctx = canvas.getContext('2d');

img.onload = function() {
    ctx.drawImage(img, 0, 0);
};

var original = function() {
    ctx.drawImage(img, 0, 0);
};

var invert = function() {
    ctx.drawImage(img, 0, 0);
    const imageData = ctx.getImageData(0, 0, canvas.width, canvas.height);
    const data = imageData.data;
    for (var i = 0; i < data.length; i += 4) {
        data[i]     = 255 - data[i];     // red
        data[i + 1] = 255 - data[i + 1]; // green
        data[i + 2] = 255 - data[i + 2]; // blue
    }
    ctx.putImageData(imageData, 0, 0);
};

var grayscale = function() {
    ctx.drawImage(img, 0, 0);
    const imageData = ctx.getImageData(0, 0, canvas.width, canvas.height);
    const data = imageData.data;
    for (var i = 0; i < data.length; i += 4) {
        var avg = (data[i] + data[i + 1] + data[i + 2]) / 3;
        data[i]     = avg; // red
        data[i + 1] = avg; // green
        data[i + 2] = avg; // blue
    }
    ctx.putImageData(imageData, 0, 0);
};

const inputs = document.querySelectorAll('[name=color]');
for (const input of inputs) {
    input.addEventListener("change", function(evt) {
        switch (evt.target.value) {
            case "inverted":
                return invert();
            case "grayscale":
                return grayscale();
            default:
                return original();
        }
    });
}

このコードの使い方は、次のライブ例で紹介します。

ソースコードも利用できます。 — HTML, JavaScript

ズームとアンチエイリアシング

drawImage() (en-US) メソッド、第 2 の canvas、imageSmoothingEnabled プロパティの力を借りて、画像をズームアップして詳しく見ることができます。また、imageSmoothingEnabled のない 3 番目のキャンバスも描画し、左右に並べて比較できるようにします。

マウスカーソルの位置を取得して、そこから上下左右に 5 ピクセルの範囲の画像を切り取ります。そして切り取った画像を別のキャンバスにコピーして、望むサイズにリサイズします。ズーム用のキャンバスでは、元のキャンバスから切り取った 10×10 ピクセルの画像を 200×200 ピクセルにリサイズしています。

zoomctx.drawImage(canvas,
                  Math.min(Math.max(0, x - 5), img.width - 10),
                  Math.min(Math.max(0, y - 5), img.height - 10),
                  10, 10, 0, 0, 200, 200);

ズームの例です。

var img = new Image();
img.crossOrigin = 'anonymous';
img.src = './assets/rhino.jpg';
img.onload = function() {
  draw(this);
};

function draw(img) {
  var canvas = document.getElementById('canvas');
  var ctx = canvas.getContext('2d');
  ctx.drawImage(img, 0, 0);

  var smoothedZoomCtx = document.getElementById('smoothed-zoom').getContext('2d');
  smoothedZoomCtx.imageSmoothingEnabled = true;
  smoothedZoomCtx.mozImageSmoothingEnabled = true;
  smoothedZoomCtx.webkitImageSmoothingEnabled = true;
  smoothedZoomCtx.msImageSmoothingEnabled = true;

  var pixelatedZoomCtx = document.getElementById('pixelated-zoom').getContext('2d');
  pixelatedZoomCtx.imageSmoothingEnabled = false;
  pixelatedZoomCtx.mozImageSmoothingEnabled = false;
  pixelatedZoomCtx.webkitImageSmoothingEnabled = false;
  pixelatedZoomCtx.msImageSmoothingEnabled = false;

  var zoom = function(ctx, x, y) {
    ctx.drawImage(canvas,
        Math.min(Math.max(0, x - 5), img.width - 10),
        Math.min(Math.max(0, y - 5), img.height - 10),
        10, 10,
        0, 0,
        200, 200);
  };

  canvas.addEventListener('mousemove', function(event) {
    const x = event.layerX;
    const y = event.layerY;
    zoom(smoothedZoomCtx, x, y);
    zoom(pixelatedZoomCtx, x, y);
  });
}

このコードの使い方は、次のライブ例で紹介します。

ソースコードも見ることができます。 — HTML, JavaScript

画像の保存

HTMLCanvasElement は、画像を保存する際に役に立つ toDataURL() メソッドを提供します。これは、 data URI (en-US) として引数 type で指定した形式(既定値は PNG)で表した画像を返します。返される画像の解像度は 96 dpi です。

Note: CORS を使用せずに他の origin から取得したピクセルがキャンバスに含まれている場合、キャンバスは汚染され、その内容を読み取ったり保存したりできなくなることに注意してください。 セキュリティと汚染されたキャンバスを参照してください。

canvas.toDataURL('image/png')

既定の設定。PNG 画像を作成します。

canvas.toDataURL('image/jpeg', quality)

JPG 画像を作成します。オプションで、品質を 0 から 1 の範囲で指定できます。1 は最高品質、0 はほとんど見分けがつかなくなりますがファイルサイズを小さくできます。

キャンバスから生成した data URI は、例えば任意の <image> のソースとして使用したり、ディスクに保存するために download 属性を持つハイパーリンクに投入することができます。

また、キャンバスから Blob を生成することもできます。

canvas.toBlob(_callback_, _type_, _encoderOptions_)

キャンバスに含まれる画像を表す Blob オブジェクトを作成します。

関連情報