CacheStorage.open()

CacheStorage インターフェイスの open() メソッドは、cacheName に一致する Cache オブジェクトに解決される Promise を返します。

グローバルな caches プロパティを介して CacheStorage にアクセスできます。

: 指定した Cache が存在しない場合、その cacheName で新しいキャッシュを作成し、この新しい Cache オブジェクトに解決される Promise を返します。

構文

caches.open(cacheName).then(function(cache) {
  // cache で何かをする
});

パラメーター

cacheName
開きたいキャッシュの名前。

戻り値

要求した Cache オブジェクトに解決される Promise

この例は MDN の sw-test の例からのものです(sw-test をライブで見る)。 ここでは、InstallEvent (en-US) が発生するのを待ち、waitUntil() を実行してアプリのインストールプロセスを処理します。 これは、CacheStorage.open() を呼び出して新しいキャッシュを作成し、Cache.addAll() を使用して一連のアセットを追加することで構成されます。

self.addEventListener('install', function(event) {
  event.waitUntil(
    caches.open('v1').then(function(cache) {
      return cache.addAll([
        '/sw-test/',
        '/sw-test/index.html',
        '/sw-test/style.css',
        '/sw-test/app.js',
        '/sw-test/image-list.js',
        '/sw-test/star-wars-logo.jpg',
        '/sw-test/gallery/bountyHunters.jpg',
        '/sw-test/gallery/myLittleVader.jpg',
        '/sw-test/gallery/snowTroopers.jpg'
      ]);
    })
  );

仕様

仕様 状態 コメント
Service Workers
CacheStorage: open の定義
草案 初期定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報