Cache.delete()

Cache インターフェイスの delete() メソッドは、キーがリクエストである Cache エントリを探し、見つかった場合は Cache エントリを削除して、true に解決される Promise を返します。 Cache エントリが見つからない場合は、false に解決されます。

構文

cache.delete(request, {options}).then(function(found) {
  // キャッシュエントリが見つかった場合は削除されました
});

Parameters

request
削除しようとしている Request。 これは、Request オブジェクトまたは URL です。
options Optional
プロパティが delete 操作でどのように照合するかを制御するオブジェクト。 使用可能なオプションは次のとおりです。
  • ignoreSearch: 照合操作で URL のクエリ文字列を無視するかどうかを指定する Booleantrue に設定すると、http://foo.com/?value=bar?value=bar 部分を、照合の実行時に無視します。 デフォルトは false です。
  • ignoreMethod: true に設定すると、照合操作が Request HTTP メソッドを検証しないようにする Boolean(通常、GET および HEAD のみが許可されます)。 デフォルトは false です。
  • ignoreVary: true に設定すると、VARY ヘッダーを照合しないように照合操作に指示する Boolean。 つまり、URL が一致した場合は、Response オブジェクトに VARY ヘッダーがあるかどうかに関係なく一致します。 デフォルトは false です。
  • cacheName: 検索対象の特定のキャッシュを表す DOMString。 このオプションは Cache.delete() によって無視されることに注意してください。

戻り値

キャッシュエントリが削除された場合は true、それ以外の場合は false に解決される Promise

caches.open('v1').then(function(cache) {
  cache.delete('/images/image.png').then(function(response) {
    someUIUpdateFunction();
  });
})

仕様

仕様 状態 コメント
Service Workers
Cache: delete の定義
草案 初期定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報