MDN’s new design is in Beta! A sneak peek: https://blog.mozilla.org/opendesign/mdns-new-design-beta/

動的なスタイル情報の利用

DOM の一部である CSS Object Model (CSSOM) では、CSSに関する様々な情報を操作するインターフェイスを公開しています。これらは DOM Level 2 Style 勧告で定義されたのち、現在ではそれを置き換える CSS Object Model (CSSOM) で規格化されています。

多くの場面では className プロパティを使ってクラスを操作することが推奨されます。最終的なスタイルをひとつのスタイルシートで制御できる上、JavaScript コードはスタイルの詳細を気にすることなく、どのように操作したいかということに注目できます。しかしながら(スタイルシート全体もしくはある要素についての)個々のルールを操作する方が便利なこともあり、ここではその方法を紹介します。なおスタイルシートを操作するといっても物理的なドキュメントを操作するわけではなく、要素のDOMスタイルのような内部表現を操作しているだけということに注意してください。

基本となる style オブジェクトは Stylesheet インターフェイスと CSSStylesheet インターフェイスを公開しています。これらのインターフェイスが備える insertRule, selectorText, and parentStyleSheet などのメンバーを使うことで、CSS スタイルシートを構成する個々のスタイルを操作することができます。

document から style オブジェクトの集合を取得するには document.styleSheets プロパティを使い、インデックスを付けることで個々のオブジェクトにアクセスできます (ドキュメント内の最初のスタイルシートなら document.styleSheets[0] といった具合に)。

CSSOM を使ってスタイルシートを変更する

<html>
<head>
<title>Modifying a stylesheet rule with CSSOM</title>
<style type="text/css">
body {
 background-color: red;
}
</style>
<script type="text/javascript">
var stylesheet = document.styleSheets[1];
stylesheet.cssRules[0].style.backgroundColor="blue";
</script>
<body>
body の背景色に対するスタイルシートを JavaScript で変更しています。
</body>
</html>

style プロパティで利用可能なプロパティの一覧は DOM CSS プロパティリスト に載っています。

CSS の文法を使ってドキュメントのスタイルを変更したい場合は、ルールを追加するか、innerHTML に CSS を設定した <script> を挿入します。

要素のスタイルを変更する

要素の style プロパティ(後述する "DOM Style オブジェクト" も参照)を使って個々の要素のスタイルを取得または設定することもできます。ただしこのプロパティはインラインに指定された style 属性しか考慮しません。つまり <td style="background-color: lightblue"> であれば "background-color:lightblue" という文字列、もしくは element.style.propertyName を通してこのスタイルにアクセスできますが、スタイルシートで定義された他のスタイルの存在は考慮されません。

またこのプロパティの設定値は他所で定義されたスタイルよりも優先されます。 例えばここで border プロパティを設定した場合、 その要素に対して head 部や他のスタイルシートで定義されていた border プロパティの指定を上書きすることになります。その要素に適用される他のプロパティ、 padding や margin や font などには影響を与えません。

個別の要素のスタイルを変更するには次のようにします。

<html>
<head>
<title>simple style example</title>

<script type="text/javascript">

function alterStyle(elem) {
  elem.style.background = 'green';
}

function resetStyle(elemId) {
  elem = document.getElementById(elemId);
  elem.style.background = 'white';
}
</script>

<style type="text/css">
#p1 {
  border: solid blue 2px;
}
</style>
</head>

<body>

<!-- スタイルを変える要素のオブジェクトとして 'this' を渡す -->
<p id="p1" onclick="alterStyle(this);">
 クリックして背景色を変更
</p>

<!-- スタイルを変える要素のID 'p1' を渡す -->
<button onclick="resetStyle('p1');">背景色をリセット</button>

</body>
</html>

document.defaultView オブジェクトの getComputedStyle() メソッドは、その要素に対して計算された全てのスタイルを返します。このメソッドの使い方について詳しくはサンプルの Example 6: getComputedStyle を参照してください。

DOM Style オブジェクト

style オブジェクトは独立したスタイル指定です。 document.styleSheets から個別にルールを取得するのとは異なり、 style オブジェクトは document またはスタイルが適用される要素から取得されます。ある特定の要素のインラインスタイルを表します。

この記事で例示したCSSプロパティに限らず、 style オブジェクトを通して要素のスタイルを個別に操作できるという点が重要です。

<!DOCTYPE html>
<html>
 <head>
  <title>style Property Example</title>
  <link rel="StyleSheet" href="example.css" type="text/css">
  <script type="text/javascript">
    function stilo() {
      document.getElementById('d').style.color = 'orange';
    }
    function resetStyle() {
      document.getElementById('d').style.color = 'black';
    }
  </script>
 </head>

 <body>
  <div id="d" class="thunder">Thunder</div>
  <button onclick="stilo()">テキストの色を変える</button>
  <button onclick="resetStyle()">テキストの色を元に戻す</button>
 </body>
</html>

スタイルの media や type は存在しないこともあります。

setAttribute メソッドの利用

要素のスタイルの変更には、要素の setAttribute メソッドを使うこともできます。

var el = document.getElementById('some-element');
el.setAttribute('style', 'background-color:darkblue;');

setAttribute を使うと styleオブジェクトで定義されていた既存の style プロパティの指定は全て失われることに注意が必要です。もし上の例に使った some-element 要素の style 属性がインラインで style="font-size: 18px" のように指定されていた場合、この指定は setAttribute を使うことで失われます。

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
 このページの貢献者: hamasaki, unarist
 最終更新者: hamasaki,