window.screen.availLeft

« DOM リファレンス

この文書は翻訳中です。他国語のままの部分などがあるのはその為です。
是非お気軽に MDN に登録して翻訳に参加し、私たちの手助けをして下さい!

概要

画面の左端から利用できる最初の有効ピクセルを返します。

構文

iAvail = window.screen.availLeft

var setY = window.screen.height - window.screen.availTop;
var setX = window.screen.width - window.screen.availLeft;

window.moveTo(setX, setY);

注記

ほとんどの場合においてこのプロパティは、 0 を返します。

2 画面で動作させた場合、このプロパティは右画面がピクセル単位で返す左画面の幅として評価されます。この方法で、左側に利用可能な画面があるかどうか検出することができます(同じことが screen.availTop プロパティにも適用されます)

On Windows, this property depends on which screen is set as your primary, returning the X coordinate of the leftmost available pixel relative to the primary screen. That is, the primary screen's left edge always has the X coordinate 0, even if it's not the leftmost screen. If the secondary screen is to the left of the primary screen, it has a negative X coordinate to compensate:

[1] [2] - on left screen availLeft returns 0, on the right screen it returns the width of the left one

[2] [1] - on left screen availLeft returns -width of that screen, on the right screen, it returns 0

仕様

DOM Level 0。どの標準にも属しません。

Document Tags and Contributors

Contributors to this page: Potappo, ethertank
最終更新者: ethertank,