console.assert()

console.assert() は、検査結果が false になる場合に、コンソールへエラーメッセージを出力します。検査結果が true になる場合は何も行いません。

注: この機能は Web Worker 内で利用可能です

構文

console.assert(assertion, obj1 [, obj2, ..., objN]);
console.assert(assertion, msg [, subst1, ..., substN]); // C 風のメッセージ形式

引数

assertion

任意の論理式です。結果が false になると、コンソールにメッセージを出力します。

obj1 ... objN

出力する JavaScript オブジェクトのリスト。各オブジェクトを文字列で表現したものを、リストの並び順に追記して出力します。

msg

0 個以上の置換文字列を含む JavaScript 文字列。

subst1 ... substN

msg 内の置換文字列を置き換える JavaScript オブジェクト。この引数で、出力形式を高度に制御できます。

次のコード例は、アサーションに続く JavaScript オブジェクトの使用を示しています。

const errorMsg = 'the # is not even';
for (let number = 2; number <= 5; number += 1) {
    console.log('the # is ' + number);
    console.assert(number % 2 === 0, {number: number, errorMsg: errorMsg});
    // または、 ES2015 オブジェクトの省略形での表記:
    // console.assert(number % 2 === 0, {number, errorMsg});
}
// output:
// the # is 2
// the # is 3
// Assertion failed: {number: 3, errorMsg: "the # is not even"}
// the # is 4
// the # is 5
// Assertion failed: {number: 5, errorMsg: "the # is not even"}

詳しくは console のドキュメントで、コンソールへのテキストの出力をご覧ください。

仕様書

Specification
Console Standard
# assert

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser