VRFrameData.leftProjectionMatrix

非推奨: この機能は非推奨になりました。まだ対応しているブラウザーがあるかもしれませんが、すでに関連するウェブ標準から削除されているか、削除の手続き中であるか、互換性のためだけに残されている可能性があります。使用を避け、できれば既存のコードは更新してください。このページの下部にある互換性一覧表を見て判断してください。この機能は突然動作しなくなる可能性があることに注意してください。

leftProjectionMatrixVRFrameData インタフェースの読み取り専用プロパティで、 4 行 4 列の行列を表す Float32Array を返します。この行列は、左目の描画に利用される射影を表します。

Note: このインターフェイスは、古い WebVR API の一部でした。 WebXR Device APIに置き換えられました。

この値は、 WebGL の uniformMatrix4fv 関数へ直接渡されるでしょう。

Warning: アプリケーションは、この行列を改変せずに使用することを強く薦めます。描画時にこの射影行列の使用に失敗すると、表現されたフレームは歪んだり、正しく揃わなかったりし、その結果として、様々な度合いのユーザの不快感を生みます。

Float32Array オブジェクトです。

例については VRDisplay.getFrameData() を参照してください。

仕様書

このインターフェイスは、古い WebVR API の一部でしたが、 WebXR Device API に置き換えられました。標準化される予定はありません。

すべてのブラウザーが新しい WebXR API を実装するまで、すべてのブラウザーで動作する WebXR アプリケーションを開発するには、A-FrameBabylon.jsThree.js などのフレームワークを利用したり、ポリフィルを利用したりすると良いでしょう [1]

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報