IDBFactory.open

IDBFactory インターフェイスの open() メソッドは、データベースへの接続を開くことを要求します。

このメソッドは即座に IDBOpenDBRequest (en-US) オブジェクトを返し、そして非同期でデータベースを開きます。操作が成功した場合、このメソッドから返される request オブジェクトに result の属性として接続のための新しい IDBDatabase オブジェクトが設定されて、 success イベントが発生します。

データベースとの接続の間にエラーが発生した場合、このメソッドで返される request オブジェクトで、 error イベントが発生します。

upgradeneeded, blocked, versionchange イベントが発生することもあります。

注:

この機能は Web Worker 内で利用可能です。

構文

現在の標準では:

var IDBOpenDBRequest = indexedDB.open(name);
var IDBOpenDBRequest = indexedDB.open(name, version);

引数

name
データベースの名前。
version 省略可
省略可。データベースを開くバージョン。バージョンが提供されずにデータベースが存在した場合、データベースへの接続はバージョンを変更せずに開かれます。バージョンが提供されず、データベースも存在しなかった場合、バージョン番号 1 が生成されます。

実験的な Gecko の options オブジェクト

options (version および storage) 省略可 これは非推奨の API です。まだ動作しているかもしれませんが、もう使用するべきではありません。
Gecko では、バージョン 26 から、標準外の options オブジェクトを IDBFactory.open の引数として指定することができ、データベースの version 番号と、加えてストレージに persistent (永続的) または temporary (一時的) のどちらを使用したいかを指定する storage 値を指定することができます。
警告: storage 属性は非推奨であり、まもなく Gecko から削除される予定です。永続的なストレージを得るには、代わりに StorageManager.persist() を使用してください。

メモ: 利用可能な様々なストレージ種別における詳細情報や、 Firefox がクライアント側データストレージを扱う方法については、 ブラウザーのストレージ制限と削除基準で見つけることができます。

返値

この要求に関連のある連続したイベントが発生する IDBOpenDBRequest (en-US) オブジェクト。

例外

このメソッドは、次の型のような DOMError を持つ DOMException が発生する可能性があります。

例外 説明
TypeError バージョンの値がゼロかマイナスの値、または数値でない場合。

open を現在の仕様書の version 引数を付けて呼び出す例です。

var request = window.indexedDB.open("toDoList", 4);

次のコードスニペットは、データベースを開く要求をして、成功の場合と失敗の場合のイベントハンドラを登録しています。完璧に動作する例は、 To-do Notifications app (view example live.) を見てください。

var note = document.querySelector("ul");

// In the following line, you should include the prefixes
// of implementations you want to test.
window.indexedDB = window.indexedDB || window.mozIndexedDB || window.webkitIndexedDB || window.msIndexedDB;
// DON'T use "var indexedDB = ..." if you're not in a function.
// Moreover, you may need references to some window.IDB* objects:
window.IDBTransaction = window.IDBTransaction || window.webkitIDBTransaction || window.msIDBTransaction;
window.IDBKeyRange = window.IDBKeyRange || window.webkitIDBKeyRange || window.msIDBKeyRange;
// (Mozilla has never prefixed these objects, so we don't
//  need window.mozIDB*)

// Let us open version 4 of our database
var DBOpenRequest = window.indexedDB.open("toDoList", 4);

// these two event handlers act on the database being opened
// successfully, or not
DBOpenRequest.onerror = function(event) {
  note.innerHTML += '<li>Error loading database.</li>';
};

DBOpenRequest.onsuccess = function(event) {
  note.innerHTML += '<li>Database initialised.</li>';

  // store the result of opening the database in the db
  // variable. This is used a lot later on, for opening
  // transactions and suchlike.
  db = DBOpenRequest.result;
};

仕様書

仕様書 状態 備考
Indexed Database API 2.0
open() の定義
勧告  
Indexed Database API 2.0
open() の定義
勧告  

ブラウザーの対応

BCD tables only load in the browser

関連情報