IDBFactory.deleteDatabase

IDBFactoryインターフェイスのdeleteDatabase()メソッドは、データベースの削除を要求します。 このメソッドは直ちにIDBOpenDBRequest (en-US) オブジェクトを返し、非同期でデータベースの削除処理を行います。

データベースの削除が成功した場合、 このメソッドから返された request オブジェクトにおいて、result に null が設定された状態で success イベントが発生します。 データベースの削除中にエラーが発生した場合、このメソッドから返された request オブジェクトで、error イベントが発生します。

構文

現在の標準:

var request = window.indexedDB.deleteDatabase("toDoList");

オプション付の実験バージョン (下を見てください):

var request = window.indexedDB.deleteDatabase("toDoList", storage: "temporary");

戻り値

この要求に関連のある連続したイベントが発生するIDBOpenDBRequest (en-US)

var DBDeleteRequest = window.indexedDB.deleteDatabase("toDoList");

DBDeleteRequest.onerror = function(event) {
  console.log("Error deleting database.");
};

DBDeleteRequest.onsuccess = function(event) {
  console.log("Database deleted successfully");

  console.log(request.result); // should be null
};

パラメーター

name

データベース名

options Non-standard

Gecko のversion 26から、永続的な(既定値)IndexedDB または、一時的なストレージ(shared pool)を削除するための、標準化されていないオプションのストレージパラメーターを含めることができます。

メモ: Data in temporary storage persists until the global limit for the pool is reached. The global limit calculation is relatively complex, but we are considering changing it (see バグ 968272). When the global limit is reached, then data for the least recently used origin is deleted. There's also a group limit (eTLD+1 group/domain) which is currently 20% of the global limit. All requests that would exceed the group limit are just rejected.

仕様

Specification Status Comment
Indexed Database API 2.0
deleteDatabase の定義
勧告

ブラウザ実装状況

BCD tables only load in the browser

関連情報