IDBDatabaseインターフェイスのclose()は、ただちに戻り、別スレッドで接続を閉じます。

実際には、この接続を使用していて生成されたすべてのトランザクションが完了するまで、接続は閉じられません。一度このメソッドが呼び出されたら、この接続では、新しいトランザクションを生成することはできません。終了処理がペンディングされている場合は、トランザクションを生成するメソッドは、例外を発生させます。

構文

db.close();

戻り値

Void。

// Let us open our database
  var DBOpenRequest = window.indexedDB.open("toDoList", 4);

  // these two event handlers act on the database being opened successfully, or not
  DBOpenRequest.onerror = function(event) {
    note.innerHTML += '<li>Error loading database.</li>';
  };
 
  DBOpenRequest.onsuccess = function(event) {
    note.innerHTML += '<li>Database initialised.</li>';
    
    // store the result of opening the database in the db variable.
    db = DBOpenRequest.result;

    // now let's close the database again!
    db.close();
  }

仕様

Specification Status Comment
Indexed Database API
close() の定義
勧告  

ブラウザ実装状況

現在、互換性データを可読形式の JSON フォーマットに置き換えているところです。 この互換性一覧は古い形式を使っており、これに含まれるデータの置き換えが済んでいません。 手助けしていただける場合は、こちらから!

Feature Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
Basic support 23webkit
24
10 moz
16.0 (16.0)
10, partial 15 7.1
Feature Android Firefox Mobile (Gecko) Firefox OS IE Phone Opera Mobile Safari Mobile
Basic support 4.4 22.0 (22.0) 1.0.1 10 22 未サポート

関連項目

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: sanemat, fscholz, YuichiNukiyama
最終更新者: sanemat,