IDBCursor.continue()

continue()IDBCursor インターフェースのメソッドで、カーソルを現在の方向に次の位置、任意のキーパラメーターに一致するキーを持つアイテムまで進めます。キーを指定しない場合、カーソルはその方向に基づいて、すぐ隣の位置へ進みます。

註: この機能は Web Workers 内で利用可能です。

構文

cursor.continue(key);

引数

key Optional
カーソルを進めるためのキーです。

例外

このメソッドは次の内いずれかの DOMException を発生させることがあります。

例外 解説
TransactionInactiveError この IDBCursor のトランザクションがアクティブではありません。
DataError

キーパラメーターが以下の状態のうちのいずれかである可能性があります。

  • キーが妥当なキーではない
  • キーがこのカーソルの位置と同じかそれより小さく、カーソルの方向が next または nextunique である
  • キーがこのカーソルの位置と同じかそれより大きく、カーソルの方向が prev または prevunique である
InvalidStateError カーソルが現在走査中または末尾を越えて走査しました。

この単純で部分的な実例ではトランザクションを作り、オブジェクトストアを取得した後、オブジェクトストア内の全ての反復処理するためカーソルを使用しています。カーソルはキーに基づいてデータを選択するには必要ありません。その全てを捕らえることができます。また、それぞれのループ内での繰り返しでカーソルオブジェクトを用い、 cursor.value.foo とすることで、現在のレコードからカーソルの下のデータを取得できることには注目です。完全な例については IDBCursor の例 (ライブデモを見る) を参照してください。

function displayData() {
  var transaction = db.transaction(['rushAlbumList'], "readonly");
  var objectStore = transaction.objectStore('rushAlbumList');

  objectStore.openCursor().onsuccess = function(event) {
    var cursor = event.target.result;
    if(cursor) {
      var listItem = document.createElement('li');
      listItem.innerHTML = cursor.value.albumTitle + ', ' + cursor.value.year;
      list.appendChild(listItem);

      cursor.continue();
    } else {
      console.log('Entries all displayed.');
    }
  };
};

仕様書

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報