IDBCursor インターフェイスの advance() メソッドはカーソルが位置を前進させる回数をセットします。

註: この機能は Web Workers 内で利用可能です。

構文

cursor.advance(count);

パラメータ

count
カーソルが前進する回数

戻り値

undefined

例外

このメソッドは次のいずれかの DOMException を発生することがあります:

例外 説明
TransactionInactiveError この IDBCursor のトランザクションは活性化していません。
TypeError count パラメーターに渡された値がゼロや負の数です。
InvalidStateError カーソルは現在繰り返し中か、最後を過ぎています。
 

このシンプルな断片でトランザクションを作成し、オブジェクトストアを取得し、オブジェクトストアのレコードを一通り繰り返すカーソルを使っています。ここで cursor.advance(2) を使ってそれぞれ 2 回前進していて、つまり 1 つおきの結果だけが表示されます。advance()IDBCursor.continue と同様に動作しますが、常に次のレコードに移動するのでなく、一度に複数のレコードを飛び越えられるのが違います。

注意点としてループの繰り返しで、カーソルオブジェクトの現在のレコードのテータを cursor.value.fooを使って取得できます。完全な動作例は、IDBCursor の例(ライブ例を見る)を見てください。

function advanceResult() {
  list.innerHTML = '';
  var transaction = db.transaction(['rushAlbumList'], "readonly");
  var objectStore = transaction.objectStore('rushAlbumList');

  objectStore.openCursor().onsuccess = function(event) {
    var cursor = event.target.result;
    if(cursor) {
      var listItem = document.createElement('li');
      listItem.innerHTML = '<strong>' + cursor.value.albumTitle + '</strong>, ' + cursor.value.year;
      list.appendChild(listItem);  
      cursor.advance(2);
    } else {
      console.log('Every other entry displayed.');
    }
  };
};

仕様

仕様書 策定状況 コメント
Indexed Database API
advance() の定義
勧告  
Indexed Database API 2.0
advance() の定義
勧告  

ブラウザー実装状況

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応

24

23 — 24 webkit

12

16

10 — 16 moz

101157
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応 あり あり あり22228 あり

1. partial

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: Uemmra3
最終更新者: Uemmra3,