BroadcastChannel: message イベント

message イベントは、メッセージがそのチャンネルに到着したときに BroadcastChannel オブジェクト上で発生します。

構文

このイベント名を addEventListener() のようなメソッドで使用するか、イベントハンドラープロパティを設定するかしてください。

addEventListener("message", (event) => { })
onmessage = (event) => { }

イベント型

MessageEvent です。 Event を継承しています。

Event MessageEvent

イベントプロパティ

このインターフェイスは親である Event からプロパティを継承しています。

MessageEvent.data 読取専用

メッセージ送信元によって送信されたデータです。

MessageEvent.origin 読取専用

文字列で、メッセージ送信元のオリジンを表します。

MessageEvent.lastEventId 読取専用

文字列で、このイベントの一意の ID を表します。

MessageEvent.source 読取専用

メッセージイベントソース、すなわち WindowProxyMessagePortServiceWorker の何れかのオブジェクトで、メッセージの送信元を表します。

MessageEvent.ports 読取専用

MessagePort オブジェクトの配列で、メッセージが送信されるチャンネルに関連するポートを表します(チャンネルメッセージングや、共有ワーカーにメッセージを送信する場合など、適切な場合)。

この例では "Sender" の <iframe> があり、ユーザーがボタンをクリックしたときに <textarea> の内容を配信します。 "Receiver" の iframe は 2 つあり、ブロードキャストメッセージを受信し、その結果を <div> 要素に書き込みます。

Sender

const channel = new BroadcastChannel("example-channel");
const messageControl = document.querySelector("#message");
const broadcastMessageButton = document.querySelector("#broadcast-message");

broadcastMessageButton.addEventListener("click", () => {
  channel.postMessage(messageControl.value);
});

Receiver 1

const channel = new BroadcastChannel("example-channel");
channel.addEventListener("message", (event) => {
  received.textContent = event.data;
});

Receiver 2

const channel = new BroadcastChannel("example-channel");
channel.addEventListener("message", (event) => {
  received.textContent = event.data;
});

結果

仕様書

Specification
HTML Standard
# event-message
HTML Standard
# handler-broadcastchannel-onmessage

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報