<munder>

The MathML <munder> element is used to attach an accent or a limit under an expression. It uses the following syntax: <munder> 数式表現 下付き文字 </munder>

属性

accentunder
If true, the element is an accent, which is drawn closer to the base expression.
If false (default value), the element is a limit under the base expression.
align
left、 centerあるいはrightを指定することによって下付き文字をどの位置に表示するかを決めることができます。ただ、この属性は非推奨で近日中に廃止されます。代わりにCSSプロパティtext-alignを使用してください。
class, id, style
CSSで装飾を行なう際に使われます。
href
ハイパーリンクを設定する際に使われます。
mathbackground
背景色を指定します。 #rgb#rrggbbのような16進表現やHTML color namesを用いることができます。
mathcolor
文字の色を指定します。 #rgb#rrggbbのような16進表現やHTML color namesを用いることができます。

レンダリングのサンプル(画像): x+y+z

ブラウザのレンダリング結果: x + y + z

<math>

<munder accentunder="true">
  <mrow>
    <mi> x </mi>
    <mo> + </mo>
    <mi> y </mi>
    <mo> + </mo>
    <mi> z </mi>
  </mrow>
  <mo> &#x23DF; <!--BOTTOM CURLY BRACKET--> </mo>
</munder>

</math>

仕様

仕様書 状態 備考
MathML 3.0
munder の定義
勧告 Current specification
MathML 2.0
munder の定義
勧告 Initial specification

ブラウザごとの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報