<mfrac>

MathML の <mfrac> 要素は分数を表示するのに使います。

構文

<mfrac>numerator denominator</mfrac>

属性

bevelled これは非推奨の API です。まだ動作しているかもしれませんが、もう使用するべきではありません。
分数を表示する方法を指定します。true のとき分数線は斜線になります。つまりこの場合、分子・分母がスラッシュ (/) を挟んで左右に並ぶことになります。既定値の false の場合、分子は分母の上に載ります。
この属性は、非推奨で将来削除される予定です。代わりに U+2044 (fraction slash) を使用してください。
class, id, style
スタイルシート で装飾を行なう際に使われます。
denomalign これは非推奨の API です。まだ動作しているかもしれませんが、もう使用するべきではありません。
分数の下に分母をどう揃えるかを指定します。取り得る値は leftcenter (既定値) と right です。
この属性は、非推奨で近日中に廃止されます。代わりに CSS を用いて text-align を指定してください。
href
特定の URI へのハイパーリンクを設定するのに使われます。
linethickness
分数の水平線の太さ。既定値は medium で、thinthick や、それ以外の length 値 が取り得ます。
mathbackground
数式の背景色を指定するために使われます。#rgb#rrggbbのような16進表現のほか、HTMLで定められた色キーワードを使用できます。
mathcolor
数式自体 (テキストと分数線) の色を設定するために使われます。#rgb#rrggbb のような 16 進表現のほか、HTMLで定められた色キーワードを使用できます。
numalign これは非推奨の API です。まだ動作しているかもしれませんが、もう使用するべきではありません。
分数の上に分子をどう揃えるかを指定します。取り得る値は leftcenter (既定値) と right です。
この属性は、非推奨で将来削除される予定です。代わりに CSS の text-align を使用してください。

レンダリングのサンプル (画像): (a/b)/(c/d)

ブラウザーのレンダリング結果: a b c d

<math>
  <mfrac bevelled="true">
     <mfrac>
        <mi> a </mi>
        <mi> b </mi>
     </mfrac>
     <mfrac>
        <mi> c </mi>
        <mi> d </mi>
     </mfrac>
  </mfrac>
</math>

仕様

仕様 ステータス Comment
MathML 3.0
mfrac の定義
勧告 現在の仕様
MathML 2.0
mfrac の定義
勧告 初回の仕様

ブラウザー実装状況

BCD tables only load in the browser