MathML 要素リファレンス

これは、MathML プレゼンテーション 要素のアルファベット順のリストです。

プレゼンテーションマークアップ という用語は、数学的表記のレイアウト構造を記述するために使用するのに対して、コンテンツマークアップ という用語は、その基礎をなす数学的な意味を提供します。これは、MarhML パーザーによる描画を想定するものではありません (バグ 276028 参照)。コンテンツマークアップについて詳しく学びたい場合は、 MathML 3 仕様第 4 章 を調べてください。

math

  • <math> (トップレベル要素)

A

E

F

G

I

L

M

N

O

P

  • <mpadded> (コンテンツまわりの空白)
  • <mphantom> (予約スペースを持つ不可視コンテンツ)

R

S

T

U

他の要素

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: Marsf, Fajrovulpo, teoli, splewako
 最終更新者: Marsf,