MathML 要素リファレンス

この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

これは、MathML プレゼンテーション 要素のアルファベット順のリストです。

The term presentation markup is used to describe the layout structure of mathematical notation whereas content markup provides the underlying mathematical meaning and is not supposed to be rendered by the MathML parser (see バグ 276028). If you want to learn more about content markup you should consider Chapter 4 in the MathML 3 specification.

math

  • <math>(トップレベル要素)

A

E

F

G

I

L

M

N

O

P

  • <mpadded> (コンテンツまわりの空白)
  • <mphantom> (予約スペースを持つ不可視コンテンツ)

R

S

T

U

他の要素

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: Marsf, Fajrovulpo, teoli, splewako
 最終更新者: Marsf,