XMLSerializer

XMLSerializer インターフェースは、DOM ツリーを表す XML 文字列を構築するための serializeToString() メソッドを提供します。

メソッド

serializeToString()
文字列の形にシリアライズされたサブツリーを返します。
serializeToStream() この API は標準化されていません。 これは非推奨の API です。まだ動作しているかもしれませんが、もう使用するべきではありません。
指定した要素をルートとするサブツリーが、指定した文字セットを使ったバイトストリームにシリアライズされます。

XML を文字列にシリアライズ

最初の基本的な例は、ドキュメント全体を XML を含む文字列にシリアライズするだけです。

 var s = new XMLSerializer();
 var d = document;
 var str = s.serializeToString(d);
 saveXML(str);

このコードは、新しい XMLSerializer オブジェクトを作成し、シリアライズされる DocumentserializeToString() に渡します。これは、渡した document と同等の XML を返します。

XML を基にした DOM にノードを挿入する

この例は、Element.insertAdjacentHTML() メソッドを使用して新しい DOM NodeDocument の body に挿入します。これは、Element オブジェクトをシリアライズすることにより作成された XML を基にしています。

注記: 実際は、importNode() メソッドを呼び出して新しいノードを DOM に挿入する代わりに、以下のいずれかのメソッドを呼び出して DOM ツリーに追加することになるでしょう:

insertAdjacentHTML() は文字列を受け入れるが、2 番目の引数として Node を受け入れないため、XMLSerializer を使用して先にノードを文字列に変換します。

var inp = document.createElement('input');
var XMLS = new XMLSerializer();
var inp_xmls = XMLS.serializeToString(inp); // まず DOM ノードを文字列に変換

// 新たに作成されたノードを document の body に挿入
document.body.insertAdjacentHTML('afterbegin', inp_xmls);

このコードは、Document.createElement() を呼び出して新しい <input> 要素を作成し、serializeToString() を使用して XML にシリアライズします。

完了したら、insertAdjacentHTML() を使用して <input> 要素を DOM に挿入します。

仕様

仕様書 策定状況 備考
DOM Parsing and Serialization
XMLSerializer の定義
草案

ブラウザーの実装状況

BCD tables only load in the browser

関連項目