CloseEvent.initCloseEvent()

非推奨: この機能は非推奨になりました。まだ対応しているブラウザーがあるかもしれませんが、すでに関連するウェブ標準から削除されているか、削除の手続き中であるか、互換性のためだけに残されている可能性があります。使用を避け、できれば既存のコードは更新してください。このページの下部にある互換性一覧表を見て判断してください。この機能は突然動作しなくなる可能性があることに注意してください。

CloseEvent.initCloseEvent() メソッドは、一度作成された CloseEvent の値を初期化します(通常は Document.createEvent() メソッドを使用します)。

この方法で初期化されるイベントは、 Document.createEvent() メソッドで作成する必要があります。 EventTarget.dispatchEvent() を使用してイベントを配信する前に、イベントを設定するために呼び出す必要があります。 配信されると、もう何もしません。

Note: このメソッドは非推奨であるため、今後は使用しないでください。

代わりに特定のイベントのコンストラクター、例えば CloseEvent() を使用してください。 イベントの作成と起動のページでは、これらの使用方法についてのより詳細な情報を提供しています。

構文

initCloseEvent(type, canBubble, cancelable, wasClean, reasonCode, reason)

引数

type

このイベントの type に設定する文字列です。利用可能な種類は close です。

canBubble

このイベントがバブリングするかどうかです。この値を Event.bubbles に設定します。

cancelable

このイベントの既定の動作を禁止することができるかどうかです。この値を Event.cancelable に設定します。

wasClean

この接続がきれいに閉じたかどうかです。

reasonCode

閉じた理由です。

reason

閉じた理由を記述した人間が理解できる文字列です。 way.

仕様書

これは初期の草稿にはありましたが、どの仕様にも含まれていません。

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報

  • CloseEvent() コンストラクター。 CloseEvent を生成するための現在の標準の方法。
  • Event.initEvent() は、同様の目的を果たす、より単純な方法です。これも時代遅れで、今後使うべきではありません。