MDN でのローカライズ

 MDN は世界中の人々にウェブテクノロジーそしてFirefox そのものの標準およびガイドとして、使われています。私達の翻訳・L10Nコミュニティは Mozilla プロジェクトの中で重要な役割を果たしています。彼らによる文書の翻訳および各国言語への対応が、世界各地の人々がオープンなウェブを開発する上で役に立っています。もしも翻訳チームについてもっとよく知りたいならば、チームの一つに参加してみてください。既存の言語の中になければ、新しい言語のチームを立ち上げても構いません。ここがそのスタートのための場所です。

MDNページの翻訳
この記事はMDNのページを翻訳する際に参考にしていただく記事です。翻訳の手順や、コンテンツの内容に応じた適切な翻訳を行う際のヒントが含まれています。
各言語のローカライゼイションプロジェクト
 MDN におけるすべてのローカライゼイションおよび翻訳作業は私たちの素晴らしいコミュニティボランティアに支えられています。この記事ではすべての言語のプロジェクトを列挙し、リーダー、貢献者、その他詳細を紹介します。

ローカライズのためのツール

 ローカライズの作業で使われる、便利なツールをいくつか紹介します:

Verbatim
 文字列を翻訳するためのもので、Mozilla の複数のプロジェクトにまたがって使われます。MDN のユーザインタフェース(そして Firefox のユーザインタフェース)も対象です。
Transvision
 Mozilla France によって提供されるユーテリティで、ある英語文字列が使われている場所を Mozilla のプログラムコード全体から探し出し、また目的とする言語への様々な翻訳を見つけるのに使うことができます。単語、フレーズの適切な訳(定訳)を探すのに便利です。

関連項目

ドキュメントのタグと貢献者

最終更新者: hamasaki,