MessagePort.start()

MessagePort インターフェイスの start() メソッドは、ポート上のキューに置かれたメッセージの送信を開始します。このメソッドは、EventTarget.addEventListener を使用する場合のみ必要になります。これは、MessageChannel.onmessage を使用する場合は包含されています。

注:

この機能は Web Worker 内で利用可能です。

構文

port.start()

戻り値

無効。

引数

なし。

次のコードブロックには、handleMessage ハンドラ関数があり、onmessage を使用して、メッセージがこのドキュメントに送り返された時に実行されます:

channel.port1.onmessage = handleMessage;
function handleMessage(e) {
  para.innerHTML = e.data;
}   

これを行うもう一つの方法は、EventTarget.addEventListener を使用します。しかし、このメソッドが使用された場合、明示的に start() を呼び出してメッセージの送信を開始する必要があります:

channel.port1.addEventListener('message', handleMessage, false);
function handleMessage(e) {
  para.innerHTML = e.data;
  textInput.value = '';
}

channel.port1.start();

仕様

仕様書 策定状況 備考
HTML Living Standard
start() の定義
現行の標準  

ブラウザの実装状況

BCD tables only load in the browser

関連情報