MessagePort.start()

MessagePort インターフェイスの start() メソッドは、ポート上のキューに置かれたメッセージの送信を開始します。このメソッドは、EventTarget.addEventListener を使用する場合のみ必要になります。これは、MessageChannel.onmessage を使用する場合は包含されています。

註: この機能は Web Workers 内で利用可能です。

構文

port.start()

戻り値

無効。

引数

なし。

次のコードブロックには、handleMessage ハンドラ関数があり、onmessage を使用して、メッセージがこのドキュメントに送り返された時に実行されます:

channel.port1.onmessage = handleMessage;
function handleMessage(e) {
  para.innerHTML = e.data;
}   

これを行うもう一つの方法は、EventTarget.addEventListener を使用します。しかし、このメソッドが使用された場合、明示的に start() を呼び出してメッセージの送信を開始する必要があります:

channel.port1.addEventListener('message', handleMessage, false);
function handleMessage(e) {
  para.innerHTML = e.data;
  textInput.value = '';
}

channel.port1.start();

仕様

仕様書 策定状況 備考
HTML Living Standard
start() の定義
現行の標準  

ブラウザの実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
startChrome 完全対応 4Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 ありIE 完全対応 10Opera 完全対応 10.6Safari 完全対応 5WebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 18Firefox Android 未対応 なしOpera Android 完全対応 11Safari iOS 完全対応 5.1Samsung Internet Android 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応

関連情報