GamepadButton

GamepadButton インタフェースはゲームパッドやその他のコントローラーの各ボタンを定義します。このインタフェースによって、コントローラー上で使用できるボタンの状態を確認することができます。

GamepadButtonオブジェクトは、Gamepadインタフェースのbuttons プロパティから取得できます。

注釈: これはFirefox Gecko 28以降の場合の説明であり、Chrome と以前のFirefoxのバージョンでは、浮動小数点数の配列が返されます。

プロパティ

GamepadButton.value (en-US) 読取専用
多くのモダンなゲームパッドにあるトリガーなどのアナログボタンの現在の状態を示す浮動小数点数です。この値は0.0から1.0までの値に正規化されており、0.0はボタンが押されていない状態で、1.0はボタンが完全に押されている状態を示します。
GamepadButton.pressed (en-US) 読取専用
ボタンが押されているかどうかを示すboolean型の値です。ボタンが押されている場合はtrue、押されていない場合はfalseになります。

次のコードは、Gamepad API ボタンのデモです。Chromeでは、Navigator.getGamepadsにはwebkitプレフィックスが必要であり、各ボタンの値は浮動小数点数の配列として格納されます。Firefoxでは、Navigator.getGamepadsにはプレフィックスは不要で、各ボタンの値はGamepadButtonオブジェクトの配列に格納されます。使用するプロパティはこのオブジェクトのGamepadButton.value (en-US)またはGamepadButton.pressed (en-US)プロパティのどちらかであり、どちらを使用すればいいかはボタンの種類に依存します。この例ではどちらにも対応しています。

function gameLoop() {
  if(navigator.webkitGetGamepads) {
    var gp = navigator.webkitGetGamepads()[0];

    if(gp.buttons[0] == 1) {
      b--;
    } else if(gp.buttons[1] == 1) {
      a++;
    } else if(gp.buttons[2] == 1) {
      b++;
    } else if(gp.buttons[3] == 1) {
      a--;
    }
  } else {
    var gp = navigator.getGamepads()[0];

    if(gp.buttons[0].value > 0 || gp.buttons[0].pressed == true) {
      b--;
    } else if(gp.buttons[1].value > 0 || gp.buttons[1].pressed == true) {
      a++;
    } else if(gp.buttons[2].value > 0 || gp.buttons[2].pressed == true) {
      b++;
    } else if(gp.buttons[3].value > 0 || gp.buttons[3].pressed == true) {
      a--;
    }
  }

  ball.style.left = a*2 + "px";
  ball.style.top = b*2 + "px";

  var start = rAF(gameLoop);
};

仕様

仕様 状態 コメント
Gamepad
GamepadButton の定義
草案 初版

ブラウザ互換性

BCD tables only load in the browser

関連項目

Gamepad API の利用