DataTransfer.clearData()

DataTransfer.clearData() メソッドは、ドラッグ操作の ドラッグデータの中で指定された型のものを削除します。指定された型のデータが存在しない場合、このメソッドは何もしません。

このメソッドが引数なしで呼び出された場合、またはフォーマットが空文字列であった場合、すべての型のデータが削除されます。

このメソッドはドラッグ操作からファイルを削除しないので、ドラッグに含まれるファイルがある場合、 "Files" 型の項目がオブジェクトの DataTransfer.types の一覧に残る可能性があります。

Note: このメソッドは、 dragstart イベントのハンドラーでのみ使用できます。ドラッグ操作のデータストアが書き込み可能なのはその時だけだからです。

構文

clearData()
clearData(format)

引数

format 省略可

削除するデータの型を指定する文字列。この引数が空の文字列であったり、指定されていない場合は、すべての型のデータが削除されます。

返値

なし (undefined)。

この例では、 DataTransfer オブジェクトの getData()setData()clearData() メソッドを使用しています。

HTML

<span class="tweaked" id="source" draggable="true">
  この要素を選択し、ドロップゾーンにドラッグした後、選択を解除して要素を移動してください。
</span>
<span class="tweaked" id="target">ドロップゾーン</span>
<div>状態: <span id="status">ドラッグで開始</span></div>
<div>データ: <span id="data">未初期化</span></div>

CSS

span.tweaked {
  display: inline-block;
  margin: 1em 0;
  padding: 1em 2em;
}

#source {
  color: blue;
  border: 1px solid black;
}

#target {
  border: 1px solid black;
}

JavaScript

window.addEventListener('DOMContentLoaded', function () {
  // HTML 要素を選択する
  const draggable = document.getElementById('source');
  const droppable = document.getElementById('target');
  const status = document.getElementById('status');
  const data = document.getElementById('data');
  let dropped = false;

  // イベントハンドラーを登録する
  draggable.addEventListener('dragstart', dragStartHandler);
  draggable.addEventListener('dragend', dragEndHandler);
  droppable.addEventListener('dragover', dragOverHandler);
  droppable.addEventListener('dragleave', dragLeaveHandler);
  droppable.addEventListener('drop', dropHandler);

  function dragStartHandler (event) {
    status.textContent = 'ドラッグ中';

    // ドラッグが開始されたことを示すように、ターゲット要素の境界線を変更する
    event.currentTarget.style.border = '1px dashed blue';

    // 既存のクリップボードをクリアすることから始めます。
    // 特定のタイプを指定していないので、これはすべてのタイプに影響します。

    event.dataTransfer.clearData();

    // ドラッグのフォーマットとデータを設定する(データにはイベントターゲットの id を使用する)
    event.dataTransfer.setData('text/plain', event.target.id);

    data.textContent = event.dataTransfer.getData('text/plain');
  }

  function dragEndHandler (event) {
    if (!dropped) {
      status.textContent = 'ドラッグのキャンセル';
    }

    data.textContent = event.dataTransfer.getData('text/plain') || 'empty';

    // ドラッグ中ではないことを示すために境界線を変更する
    event.currentTarget.style.border = '1px solid black';

    if (dropped) {
      // すべてのイベントリスナーを削除
      draggable.removeEventListener('dragstart', dragStartHandler);
      draggable.removeEventListener('dragend', dragEndHandler);
      droppable.removeEventListener('dragover', dragOverHandler);
      droppable.removeEventListener('dragleave', dragLeaveHandler);
      droppable.removeEventListener('drop', dropHandler);
    }
  }

  function dragOverHandler (event) {
    status.textContent = 'ドロップ可能';

    event.preventDefault();
  }

  function dragLeaveHandler (event) {
    status.textContent = 'ドラッグ中(ドロップは可能)';

    event.preventDefault();
  }

  function dropHandler (event) {
    dropped = true;

    status.textContent = 'ドロップしました。';

    event.preventDefault();

    // イベント形式に連動したデータを取得する « text »
    const _data = event.dataTransfer.getData('text/plain');
    const element = document.getElementById(_data);

    // イベントのターゲット要素にドラッグソース要素を追加する
    event.target.appendChild(element);

    // CSS スタイルと表示テキストを変更する
    element.style.cssText = 'border: 1px solid black;display: block; color: red';
    element.textContent = "ドロップゾーンに入りました!";
  }
})

結果

仕様書

Specification
HTML Standard
# dom-datatransfer-cleardata-dev

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報