CSS.supports()

CSS.supports() メソッドは、ブラウザーが指定された CSS 機能に対応しているかどうかを論理値で返します。

構文

CSS.supports(propertyName, value);
CSS.supports(supportCondition);

引数

引数の組み合わせが二種類あります。一つ目は、対応しているかどうかをテストするプロパティと値を指定することができます。

propertyName

DOMString で、チェックする CSS プロパティの名前が入ります。

value

DOMString で、チェックする CSS プロパティの値が入ります。

2 つ目の構文は 1 つの引数を取り、 @supports の条件に一致させます。

supportCondition

DOMString で、チェックする条件が入ります。

返値

ブラウザーがそのルールに対応しているのであれば true、そうでなければ false です。

Examples

result = CSS.supports("text-decoration-style", "blink");
result = CSS.supports("display: flex");
result = CSS.supports("(--foo: red)");

result = CSS.supports(`(transform-style: preserve) or (-moz-transform-style: preserve) or
                       (-o-transform-style: preserve) or (-webkit-transform-style: preserve)`);

// 結果は true または false

仕様書

Specification
Unknown specification
# ref-for-dom-css-supports

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報

  • @supports アットルールは、同様の機能を宣言的な方法で行うことができます。
  • CSSSupportsRule は CSSOM のクラスで、 @supports アットルールを操作することができます。