WebAssembly.Memory()

WebAssembly.Memory オブジェクトはサイズ変更可能な ArrayBuffer または SharedArrayBuffer であり、 WebAssembly Instance からアクセスする生のバイト列のメモリーを持ちます。

JavaScript または WebAssembly コードから生成されたメモリーは JavaScript と WebAssembly のどちらからもアクセス、変更が可能になります。

コンストラクター

WebAssembly.Memory()

新しい Memory オブジェクトを生成します。

インスタンスプロパティ

Memory.prototype.buffer

メモリーに格納されているバッファーを返すアクセサープロパティです。

インスタンスメソッド

Memory.prototype.grow()

指定した WebAssembly ページ (64KB で 1 単位) の数でメモリーのインスタンスのサイズを増やします。

新しい Memory オブジェクトの生成

WebAssembly.Memory オブジェクトを取得する方法は 2 つあります。 1 つ目は JavaScript から生成する方法です。以下の例では、初期サイズが 10 ページ (640KiB) 、最大サイズが 100 ページ (6.4MiB) で新しい WebAssembly Memory インスタンスを生成しています。その buffer プロパティは ArrayBuffer を返します。

var memory = new WebAssembly.Memory({initial:10, maximum:100});

次の例では (GitHub 上の memory.html および実行例も参照)、 memory.wasm バイトコードを WebAssembly.instantiateStreaming() メソッドを使用して読み込みんでインスタンス化し、その上の行で生成されたメモリにインポートします。それから、メモリにいくつかの値を格納し、関数をエクスポートして使用し、いくつかの値を合計します。

WebAssembly.instantiateStreaming(fetch('memory.wasm'), { js: { mem: memory } })
.then(obj => {
  var i32 = new Uint32Array(memory.buffer);
  for (var i = 0; i < 10; i++) {
    i32[i] = i;
  }
  var sum = obj.instance.exports.accumulate(0, 10);
  console.log(sum);
});

WebAssembly.Memory オブジェクトを取得する 2 つ目の方法は、 WebAssembly モジュールによってエクスポートされることです。このメモリは WebAssembly インスタンスの exports プロパティで (メモリーが WebAssembly モジュール内でエクスポートされた後に) アクセスできます。次のスニペットは、 WebAssembly からエクスポートされたメモリを memoryという名前でインポートし、メモリーの最初の要素を Uint32Array として解釈して表示しています。

WebAssembly.instantiateStreaming(fetch('memory.wasm'))
.then(obj => {
   var i32 = new Uint32Array(obj.instance.exports.memory.buffer);
   console.log(i32[0]);
 });

共有メモリーの作成

既定では、 WebAssembly のメモリーは共有されていません。共有メモリーを作成するには、コンストラクター の初期化オブジェクトに shared: true を渡します。

let memory = new WebAssembly.Memory({initial:10, maximum:100, shared: true});

このメモリーの buffer プロパティは SharedArrayBuffer を返します。

仕様書

Specification
WebAssembly JavaScript Interface: Exception Handling
# memories

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報