WebAssembly.Global

WebAssembly.Global はグローバル変数のインスタンスを表します。 JavaScript からアクセスでき、1つ以上の WebAssembly.Module インスタンス間でインポート/エクスポートすることができます。これにより複数のモジュールを動的にリンクすることができます。

コンストラクター

WebAssembly.Global()

新しい Global オブジェクトを生成します。

Global のインスタンス

すべての Global のインスタンスは Global() コンストラクターのプロパティオブジェクトを継承します。これによりすべての Global インスタンスを変更することができます。

インスタンスプロパティ

Global.prototype.constructor

このオブジェクトのインスタンスを生成した関数を返します。既定では、これは WebAssembly.Global() コンストラクターです。

Global.prototype[@@toStringTag]

@@toStringTag プロパティの初期値で、文字列値 "WebAssembly.Global" です。

Global.prototype.value

グローバル変数の中に含まれている値です。これにより、グローバル値を直接設定および取得することができます。

インスタンスメソッド

Global.prototype.valueOf()

グローバル変数の中に含まれている値を返す古い形のメソッドです。

新しい Global インスタンスの生成

以下の例では新しいグローバルインスタンスは WebAssembly.Global() コンストラクターを用いて初期化され、初期値 0 の変更可能な i32 型として定義されます。

その後この値は、Global.value プロパティを使うことによって 42 に、global.wasm モジュールから公開された (どんな値が与えられても 1 を加算して、新しい値を返す) incGlobal() 関数を使うことによって 43 になります。

const output = document.getElementById('output');

function assertEq(msg, got, expected) {
  output.innerHTML += `Testing ${msg}: `;
  if (got !== expected)
    output.innerHTML += `FAIL!<br>Got: ${got}<br>Expected: ${expected}<br>`;
  else
    output.innerHTML += `SUCCESS! Got: ${got}<br>`;
}

assertEq("WebAssembly.Global exists", typeof WebAssembly.Global, "function");

const global = new WebAssembly.Global({value:'i32', mutable:true}, 0);

WebAssembly.instantiateStreaming(fetch('global.wasm'), { js: { global } })
.then(({instance}) => {
    assertEq("getting initial value from wasm", instance.exports.getGlobal(), 0);
    global.value = 42;
    assertEq("getting JS-updated value from wasm", instance.exports.getGlobal(), 42);
    instance.exports.incGlobal();
    assertEq("getting wasm-updated value from JS", global.value, 43);
});

Note: この例はGitHub 上の実行例で確認できます。また、ソースコードも参照してください。

仕様書

Specification
WebAssembly JavaScript Interface
# globals

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報