WritableStreamDefaultWriter.write()

これは実験的な機能です。本番で使用する前にブラウザー実装状況をチェックしてください。

WritableStreamDefaultWriter インターフェイスの write() プロパティは、渡されたデータのチャンクを WritableStream とその基になるシンクに書き込み、その後、書き込み操作の成功または失敗を示すために解決される Promise を返します。

「成功」の意味は、基になるシンク次第であることに注意してください。 単にチャンクが受け入れられたことを示しているだけで、必ずしも最終的な宛先に安全に保存されているとは限りません。

構文

var promise = writableStreamDefaultWriter.write(chunk);

パラメーター

chunk
WritableStream に渡すバイナリデータのブロック。

戻り値

Promise。 書き込みが成功すると undefined で満たされ、書き込みプロセスが開始される前に書き込みが失敗するかストリームがエラーになると拒否されます。

例外

TypeError
対象のストリームは書き込み可能なストリームではないか、所有者がいません。

次の例は、カスタムのシンクと API 提供のキューイング戦略を使用した WritableStream の作成を示しています。 次に、sendMessage() という関数を呼び出し、新しく作成されたストリームと文字列を渡します。 この関数内で、WritableStreamDefaultWriter のインスタンスを返すストリームの getWriter() メソッドを呼び出します。 forEach() 呼び出しを使用して、文字列の各チャンクをストリームに書き込みます。 最後に、write() および close() は、チャンクとストリームの成功または失敗に対処するための promise を返します。

const list = document.querySelector('ul');

function sendMessage(message, writableStream) {
  // defaultWriter は WritableStreamDefaultWriter 型です
  const defaultWriter = writableStream.getWriter();
  const encoder = new TextEncoder();
  const encoded = encoder.encode(message, { stream: true });
  encoded.forEach((chunk) => {
    defaultWriter.ready
      .then(() => {
        return defaultWriter.write(chunk);
      })
      .then(() => {
        console.log("Chunk written to sink.");
      })
      .catch((err) => {
        console.log("Chunk error:", err);
      });
  });
  // ライターを閉じる前にすべてのチャンクが
  // 確実に書き込まれるように、ready を再度呼び出します。
  defaultWriter.ready
    .then(() => {
      defaultWriter.close();
    })
    .then(() => {
      console.log("All chunks written");
    })
    .catch((err) => {
      console.log("Stream error:", err);
    });
}

const decoder = new TextDecoder("utf-8");
const queuingStrategy = new CountQueuingStrategy({ highWaterMark: 1 });
let result = "";
const writableStream = new WritableStream({
  // シンクの実装
  write(chunk) {
    return new Promise((resolve, reject) => {
      var buffer = new ArrayBuffer(2);
      var view = new Uint16Array(buffer);
      view[0] = chunk;
      var decoded = decoder.decode(view, { stream: true });
      var listItem = document.createElement('li');
      listItem.textContent = "Chunk decoded: " + decoded;
      list.appendChild(listItem);
      result += decoded;
      resolve();
    });
  },
  close() {
    var listItem = document.createElement('li');
    listItem.textContent = "[MESSAGE RECEIVED] " + result;
    list.appendChild(listItem);
  },
  abort(err) {
    console.log("Sink error:", err);
  }
}, queuingStrategy);

sendMessage("Hello, world.", writableStream);

完全なコードは、単純なライターの例にあります。

仕様

仕様 状態 コメント
Streams
write() の定義
現行の標準 初期定義

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
write
実験的
Chrome 完全対応 59Edge 完全対応 16Firefox 未対応 なしIE 未対応 なしOpera 完全対応 46Safari ? WebView Android 完全対応 59Chrome Android 完全対応 59Firefox Android 未対応 なしOpera Android 完全対応 43Safari iOS ? Samsung Internet Android 完全対応 7.0

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
実装状況不明  
実装状況不明
実験的。動作が変更される可能性があります。
実験的。動作が変更される可能性があります。