FileSystemSync

非標準

この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

File System API では、 FileSystemSync オブジェクトはファイルシステムを表します。 それは2つの特性を有する。

このドキュメントについて

このドキュメントは 2012年3月2日に最後に更新され、2011年4月19日に作成された W3C の仕様 (作業中のドラフト) に準拠しています。

この仕様は現在放棄されており、大きな牽引力を得ることはできません。

基本のコンセプト

FileSystemSync オブジェクトは API 全体へのゲートウェイであり、頻繁に使用します。したがって、参照を取得したら、オブジェクトをグローバル変数またはクラスプロパティにキャッシュします。

属性

属性 タイプ 説明
name readonly DOMString ファイルシステムの名前。名前は公開ファイルシステムのリスト全体で一意でなければなりません。
root readonly DirectoryEntry ファイルシステムのルートディレクトリ。

ブラウザの互換性

BCD tables only load in the browser

あわせて参照