ByteLengthQueuingStrategy.ByteLengthQueuingStrategy()

草案: このページは完成していません。

Experimental: これは実験的な機能です。
本番で使用する前にブラウザー互換性一覧表をチェックしてください。

ByteLengthQueuingStrategy() コンストラクターは、ByteLengthQueuingStrategy オブジェクトのインスタンスを作成して返します。

構文

var byteLengthQueuingStrategy = new ByteLengthQueuingStrategy({highWaterMark});

パラメーター

{highWaterMark}
highWaterMark プロパティを含むオブジェクト。 これは、バックプレッシャーが適用される前に内部キューに含めることができるチャンクの総数を定義する負でない整数です。

戻り値

ByteLengthQueuingStrategy オブジェクトのインスタンス。

例外

なし。

const queuingStrategy = new ByteLengthQueuingStrategy({ highWaterMark: 1 });

const readableStream = new ReadableStream({
  start(controller) {
    ...
  },
  pull(controller) {
    ...
  },
  cancel(err) {
    console.log("stream error:", err);
  }
}, queuingStrategy);

var size = queuingStrategy.size(chunk);

仕様

仕様 状態 コメント
Streams
ByteLengthQueuingStrategy() の定義
現行の標準 初期定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser