これは実験的な機能です。本番で使用する前にブラウザー実装状況をチェックしてください。

WebAssembly.validate() 関数は WebAssembly バイナリコードを含む 型付き配列 をバリデーションし、バイト列が有効な wasm モジュール (true) か、そうでないか (false) を返します。

構文

WebAssembly.validate(bufferSource);

パラメータ

bufferSource
バリデーションする WebAssembly バイナリコードを含む 型付き配列 か ArrayBuffer 。

戻り値

有効な wasm モジュール (true) か、そうでないか (false) を示す boolean 値。

例外

bufferSource が 型付き配列 か ArrayBuffer でない場合、TypeError がスローされます。

以下の例 (validate.html の ソースコード と 動作例 をご確認ください) は .wasm モジュールをフェッチして型付き配列に変換します。次に、 validate() メソッドを使用してモジュールが有効かどうかをチェックします。

fetch('simple.wasm').then(response =>
  response.arrayBuffer()
).then(function(bytes) {
  var valid = WebAssembly.validate(bytes);
  console.log("The given bytes are "
    + (valid ? "" : "not ") + "a valid wasm module");
});

仕様

仕様 策定状況 コメント
WebAssembly JavaScript Interface
validate() の定義
草案 初回ドラフト定義。

ブラウザ実装状況

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応5716522 なし4411
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応5757 あり1522 ?117.0

1. This feature is behind the Experimental JavaScript Features preference.

2. Disabled in the Firefox 52 Extended Support Release (ESR).

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: ukyo
最終更新者: ukyo,