WebAssembly.validate()

WebAssembly.validate() 関数は WebAssembly バイナリーコードの型付き配列を検証し、そのバイト列が有効な wasm モジュールか (true)、そうでないか (false) を返します。

構文

WebAssembly.validate(bufferSource)

引数

bufferSource

検証する WebAssembly バイナリーコードを含む型付き配列または ArrayBuffer

返値

有効な wasm モジュールであるか (true)、そうでないか (false) を示す論理値です。

例外

bufferSource型付き配列または ArrayBuffer でない場合、TypeError が発生します。

validate の使用

以下の例 (validate.htmlソースコード動作例 をご確認ください) は .wasm モジュールを読み取って型付き配列に変換します。次に、 validate() メソッドを使用してモジュールが有効かどうかをチェックします。

fetch('simple.wasm').then(response =>
  response.arrayBuffer()
).then(function(bytes) {
  var valid = WebAssembly.validate(bytes);
  console.log("The given bytes are "
    + (valid ? "" : "not ") + "a valid wasm module");
});

仕様書

Specification
WebAssembly JavaScript Interface
# dom-webassembly-validate

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報