WebAssembly.Table.prototype.grow()

grow()WebAssembly.Table オブジェクトのプロトタイプメソッドで、指定された要素数でテーブルを拡張します。

構文

table.grow(number);

引数

number
テーブルを拡張する要素数。

返値

以前のテーブルの長さ。

例外

もし grow() 操作が何かしらの理由で失敗した場合、RangeError をスローします。

次の例では、初期サイズが2で最大サイズが10の WebAssembly Table を作成しています。

var table = new WebAssembly.Table({ element: "anyfunc", initial: 2, maximum: 10 });

次のようにすることで、テーブルのサイズを1拡張することができます:

console.log(table.length);   // "2"
console.log(table.grow(1));  // "2"
console.log(table.length);   // "3"

仕様書

仕様書
WebAssembly JavaScript Interface
grow() の定義

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
setChrome 完全対応 57Edge 完全対応 16Firefox 完全対応 52
補足
完全対応 52
補足
補足 Disabled in the Firefox 52 Extended Support Release (ESR).
IE 未対応 なしOpera 完全対応 44Safari 完全対応 11WebView Android 完全対応 57Chrome Android 完全対応 57Firefox Android 完全対応 52
補足
完全対応 52
補足
補足 Disabled in the Firefox 52 Extended Support Release (ESR).
Opera Android 完全対応 43Safari iOS 完全対応 11Samsung Internet Android 完全対応 7.0nodejs 完全対応 8.0.0

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
実装ノートを参照してください。
実装ノートを参照してください。

関連情報