WebAssembly.Module.imports()

これは実験的な機能です。本番で使用する前にブラウザー実装状況をチェックしてください。

WebAssembly.imports() 関数は指定した Module の全てのインポート宣言の定義を配列として返します。

構文

var custSec = WebAssembly.Module.imports(module);

パラメータ

module
WebAssembly.Module オブジェクト。

戻り値

指定したモジュールのインポートされた関数を表現するオブジェクトの配列。

例外

もしモジュールが WebAssembly.Module オブジェクトインスタンスでなければ TypeError がスローされます。

次の例では (imports.html の ソースコード と 動作例 もご確認ください) ロードした simple.wasm モジュールをコンパイルした後、インポート宣言を問い合わせています。

fetch('simple.wasm').then(response =>
  response.arrayBuffer()
).then(bytes =>
  WebAssembly.compile(bytes)
).then(function(mod) {
  var imports = WebAssembly.Module.imports(mod);
  console.log(imports[0]);
});

アウトプットはこのようになります:

{ module: "imports", name: "imported_func", kind: "function" }

仕様

仕様 策定状況 コメント
WebAssembly JavaScript Interface
imports() の定義
草案 初回ドラフト定義。

ブラウザ実装状況

現在、互換性データを可読形式の JSON フォーマットに置き換えているところです。 この互換性一覧は古い形式を使っており、これに含まれるデータの置き換えが済んでいません。 手助けしていただける場合は、こちらから!
Feature Chrome Edge Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
基本サポート 57 15[2] 52 (52)[1] 未サポート 44 11
Feature Chrome for Android Android Webview Edge Mobile Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート 57 57 未サポート 52.0 (52)[1] 未サポート 未サポート 11

[1] WebAssemblyはFirefox 52+で有効です。Firefox 52 Extended Support Release (ESR.)では無効化されています。

[2] 現在、“Experimental JavaScript Features” フラグを付けることでサポートされます。詳細については このブログ記事 を参照してください。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mdnwebdocs-bot, ukyo
最終更新者: mdnwebdocs-bot,