WebAssembly.Module.exports()

これは実験的な機能です。本番で使用する前にブラウザー実装状況をチェックしてください。

WebAssembly.exports() 関数は指定した Module のエクスポート宣言の定義の配列を返します。

構文

var exports = WebAssembly.Module.exports(module);

パラメータ

module
WebAssembly.Module オブジェクト。

戻り値

指定したモジュールのエクスポートされた関数を表現するオブジェクトの配列。

例外

もしモジュールが WebAssembly.Module オブジェクトインスタンス出ない場合、TypeError がスローされます。

次の例では (Github のデモ index-compile.html と、動作例 もご確認ください) WebAssembly.compile() 関数を使用してロードした simple.wasm をコンパイルして、 postMessage() を使用してそれを worker に送信しています。

var worker = new Worker("wasm_worker.js");

fetch('simple.wasm').then(response =>
  response.arrayBuffer()
).then(bytes =>
  WebAssembly.compile(bytes)
).then(mod =>
  worker.postMessage(mod)
);

worker (wasm_worker.js を参照) 内で、モジュールで使用するためにインポートオブジェクトを定義して、そのあとにメインスレッドからモジュールを受け取るためのイベントハンドラをセットアップします。モジュールを受け取ったとき、WebAssembly.Instantiate() メソッドを使用してインスタンスを生成し、その内部でエクスポートされた関数を実行します。そのあとに WebAssembly.Module.exports を使用してモジュール上の利用可能なエクスポートの情報を返す方法を示します。

var importObject = {
  imports: {
    imported_func: function(arg) {
      console.log(arg);
    }
  }
};

onmessage = function(e) {
  console.log('module received from main thread');
  var mod = e.data;

  WebAssembly.instantiate(mod, importObject).then(function(instance) {
    instance.exports.exported_func();
  });

  var exports = WebAssembly.Module.exports(mod);
  console.log(exports[0]);
};

exports[0] のアウトプットはこのようになります:

{ name: "exported_func", kind: "function" }

仕様

仕様 策定状況 コメント
WebAssembly JavaScript Interface
exports() の定義
草案 Initial draft definition.

ブラウザ実装状況

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応5716522 なし4411
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応5757 あり1522 ?117.0

1. This feature is behind the Experimental JavaScript Features preference.

2. Disabled in the Firefox 52 Extended Support Release (ESR).

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: ukyo
最終更新者: ukyo,