WebAssembly.Instance

WebAssembly.Instance オブジェクトは、ステートフルで実行可能な WebAssembly.Module のインスタンスです。 Instance オブジェクトには JavaScript から WebAssembly コードを呼び出すことができるすべてのエクスポートされた WebAssembly 関数が含まれます。

コンストラクター

WebAssembly.Instance()

新しい Instance オブジェクトを生成します。

インスタンスプロパティ

Instance.prototype.exports

メンバーとして WebAssembly モジュールのインスタンスからエクスポートされたすべての関数を含むオブジェクトを返します。 JavaScript からアクセスしたり使用したりすることができます。読み取り専用です。

WebAssembly モジュールの同期的なインスタンス化

WebAssembly.Instance() コンストラクター関数は、次のように呼び出して指定された WebAssembly.Module オブジェクトを同期的にインスタンス化することができます。

const importObject = {
  imports: {
    imported_func: function(arg) {
      console.log(arg);
    }
  }
};

fetch('simple.wasm').then(response =>
  response.arrayBuffer()
).then(bytes => {
  let mod = new WebAssembly.Module(bytes);
  let instance = new WebAssembly.Instance(mod, importObject);
  instance.exports.exported_func();
})

Instance を取得するには非同期で行うことを推奨します。例えば、 WebAssembly.instantiateStreaming() 関数を使って次のようにします。

const importObject = {
  imports: {
    imported_func: function(arg) {
      console.log(arg);
    }
  }
};

WebAssembly.instantiateStreaming(fetch('simple.wasm'), importObject)
.then(obj => obj.instance.exports.exported_func());

また、これは exports プロパティを使ってエクスポートされた関数にアクセスする方法も紹介しています。

仕様書

Specification
WebAssembly JavaScript Interface: Exception Handling
# instances

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報