アクセシビリティ関連ドキュメントの索引

このドキュメントは、Mozilla Developer Network サイト上の、すべてのアクセシビリティの記事へのリンクの一覧を提供します。

186 ページあります:

# ページ タグと要約
1 Accessibility Accessibility, Advanced, Landing, Web Development
ウェブ開発におけるアクセシビリティとは、何らかの理由により能力に制約がある場合でも、可能な限り多くの人々がウェブサイトを使用できるようにすることを意味します。この記事では、アクセシビリティを考慮したコンテンツを開発するための情報を提供します。
2 ARIA ARIA, Accessibility, HTML
Accessible Rich Internet Applications (ARIA) は Web コンテンツや Web アプリケーション (特に Ajax や JavaScript や Bootstrap のようなより最新のウェブ技術を伴って開発するもの) を、ハンディキャップを持つ人々にとってよりアクセシブルにする方法を定義します。
3 ARIA を使用する: ロール、ステート、プロパティ ARIA, Accessibility, Overview, Reference, TopicStub
No summary!
4 alert ロールの使用 ARIA, Accessibility, Advanced, CSS, Example, HTML, NeedsContent, alert, alert role, alertrole, alerts, assitive technology, role configuration, wcag1.2.1, wcag3.3.1
alert ロールは重要かつ一般に時間的制約のあるメッセージをユーザーへ伝えるために使用されます。このロールが要素へ追加されたとき、ブラウザはアクセシブルなアラートイベントをユーザーに向けて通知可能な支援技術製品へ送信します。 アラートロールはユーザの注意を即座に必要とする場合において最も便利です、例えば:
5 aria-activedescendant 属性の使用 ARIA, Accessibility
この記事では、aria-activedescendant プロパティについて説明します。
6 aria-describedby 属性の使用 ARIA, Accessibility, Attribute
aria-describedby 属性は、オブジェクトを説明する要素の ID を示すために使用されます。 これは、ウィジェットまたはグループとそれらを記述するテキストの間の関係を確立するために使用されます。 これは、aria-labelledby と非常によく似ています。 ラベルはオブジェクトの本質を表し、説明はユーザーが必要とする可能性のある詳細を提供します。
7 aria-invalid 属性の使用 ARIA, Accessibility, Attribute, CodingScripting, HTML, JavaScript
aria-invalid 属性は、入力フィールドに入力された値がアプリケーションが予期している形式に準拠していないことを示すために使用されます。 これには、電子メールアドレスや電話番号などの形式が含まれます。 aria-invalid は、必須フィールドが入力されていないことを示すためにも使用できます。 属性は、検証処理の結果としてプログラムで設定する必要があります。
8 aria-label 属性の使用 ARIA, Accessibility
aria-label 属性は、現在の要素にラベル付けする文字列を定義するために使用されます。 これはテキストラベルが画面に表示されない場合に使用します。 要素にラベル付けする目に見えるテキストがある場合は、代わりに aria-labelledby を使用します。
9 aria-labelledby 属性の使用 ARIA, Accessibility
aria-labelledby  属性には、入力要素、ウィジェット、グループなどのオブジェクトのラベルの要素の ID が含まれます。 属性は、オブジェクトとそのラベルの間の関係を確立します。 スクリーンリーダーなどの支援技術では、この属性を使用してドキュメント内のオブジェクトをカタログ化し、ユーザーがドキュメント間を移動できるようにします。 要素の ID がなければ、支援技術はオブジェクトをカタログ化できません。
10 aria-orientation 属性の使用 ARIA, Accessibility, Attribute
aria-orientation 属性は、要素が水平方向か垂直方向かを示すために使用されます。
11 aria-relevant 属性の使用 ARIA, Accessibility, ariaLive
aria-relevant 属性は、aria-live リージョンにどのような変更が生じたかを記述するために使用されるオプションの値で、関連性があり、アナウンスする必要があります。 関連性のない変更は、aria-live 属性が off に設定されている場合と同じように動作します。
12 aria-required 属性の使用 ARIA, Accessibility
aria-required 属性は、フォームが送信される前に要素にユーザー入力が必要であることを示すために使用されます。 この属性は、一般的な HTML フォーム要素で使用できます。 ARIA の role が割り当てられている要素に限定されるものではありません。
13 aria-valuemax 属性の使用 ARIA, Accessibility
aria-valuemax 属性は、スライダー、スピンボタン、プログレスバーなどの範囲ウィジェットに許容される最大値を定義するために使用されます。 aria-valuenow が既知の最大値と最小値を持つ場合、作成者は aria-valuemaxaria-valuemin のプロパティを提供するべきです(SHOULD)。 aria-valuemax の値は、aria-valuemin の値以上でなければならない(MUST)。
14 aria-valuemin 属性の使用 ARIA, Accessibility
aria-valuemin 属性は、スライダー、スピンボタン、プログレスバーなどの範囲ウィジェットに許容される最小値を定義するために使用されます。 aria-valuenow が既知の最大値と最小値を持つ場合、作成者は aria-valuemaxaria-valuemin のプロパティを提供するべきです(SHOULD)。 aria-valuemin の値は aria-valuemax の値以下でなければならない(MUST)。
15 aria-valuenow 属性の使用 ARIA, Accessibility
aria-valuenow 属性は、スライダー、スピンボタン、プログレスバーなどの範囲ウィジェットの現在の値を定義するために使用されます。 現在の値がわからない場合は、aria-valuenow 属性を設定しないでください。 aria-valuenow に既知の最小値と最大値がある場合、作成者は aria-valuemin 属性と aria-valuemax 属性を設定するべきです。aria-valueminaria-valuemax
16 aria-valuetext 属性の使用 ARIA, Accessibility, Attribute
aria-valuetext 属性は、プログレスバー、スピンボタン、スライダーなどの範囲ウィジェットの aria-valuenow に対する人間が読める代替テキストを定義するために使用されます。
17 group ロールの使用 ARIA, ARIA Role, Accessibility
このテクニックは、group ロールを使用する方法を示し、ブラウザーと支援技術に与える影響について説明します。
18 link ロールの使用 ARIA, ARIA Role, Accessibility
このテクニックは、link ロールを使用する方法を示し、ブラウザーと支援技術に与える影響について説明します。
19 log ロールの使用 ARIA, ARIA Role, Accessibility
このテクニックは、log ロールを使用する方法を示し、ブラウザーと支援技術に与える影響について説明します。
20 presentation ロールの使用 ARIA, ARIA Role, Accessibility
このテクニックは、presentation ロールの使い方を示し、ブラウザーや支援技術への影響について説明します。
21 progressbar ロールの使用 ARIA, ARIA Role, Accessibility
このテクニックは、progressbar ロールの使い方を示し、ブラウザーや支援技術への影響について説明します。
22 radio ロールの使用 ARIA, ARIA Role, Accessibility
このテクニックは、radio ロールをどのように使用するかを示し、ブラウザーと支援技術に及ぼす影響について説明します。
23 slider ロールの使用 ARIA, ARIA Role, Accessibility
このテクニックは、slider ロールの使い方を示し、ブラウザーと支援技術に及ぼす影響について説明します。
24 status ロールの使用 ARIA, ARIA Role, Accessibility
このテクニックは、status ロールを使用する方法を示し、ブラウザーと支援技術に及ぼす影響について説明します。
25 toolbar ロールの使用 ARIA, ARIA Role, Accessibility
このテクニックは、toolbar ロールを使用する方法を示し、ブラウザーと支援技術に与える影響について説明します。
26 チェックボックスロールの使用 ARIA, Accessibility, NeedsContent, Role(2), Rôle
チェックボックスロールはチェック可能なインタラクティブなコントロールに使用されます。もし要素が role="checkbox" を使っていたら 、支援技術へチェックボックスのステートを公開するためにaria-checked 属性も持つ必要があります。ネイティブHTMLのチェックボックスフォームコントロールが2つののみ( "checked" もしくは "not checked" )をもてる一方で、role=checkbox 要素は aria-checked を通して3つのステートを公開できます:
27 ボタンロールの使用 ARIA, Accessibility, NeedsContent
ボタンロールはユーザーが操作した際にレスポンスをトリガーするクリック可能な要素に使用されなければなりません。role="button" だけで、どんな要素 (例えば <p><span><div>) でもボタンコントロールとしてスクリーンリーダーへ認識させることができます。さらにこのロールは、トグルボタンを作るために aria-pressed と組み合わせて使うことが出来ます。
28 ARIA ガイド ARIA
Accessible Rich Internet Applications (ARIA) は障がいのある人にとってウェブをもっとアクセシブルにする方法です。それに従ういくつかのガイドラインは、ウィジェットの配置のためのドラッグアンドドロップのように、よりよいアクセシビリティを保証します。
29 ARIA ライブリージョン ARIA, Accessibility, ariaLive
JavaScript を使うと、検索結果のリストを瞬時に更新する、もしくはユーザーの操作を必要としないような控えめなアラートや通知を表示するなど、ページ全体をリロードせずにページの一部を動的に変更することができます。 これらの変更は通常ページを見ることのできるユーザーにとっては視覚的に明らかですが、支援技術ユーザーにとっては明確ではないかもしれません。ARIA ライブリージョンはこのギャップを埋め、動的なコンテンツの変更を支援技術により通知できるやり方で、プログラムによって表出させる方法を提供します。
30 WAI-ARIA ロール
このページは、MDN で説明されているすべての WAI-ARIA ロールをカバーするリファレンスページを一覧にしています。ロールの完全なリストについては、ARIA を使用する: ロール、ステート、プロパティをご覧ください。
31 ARIA: alert ロール ARIA, ARIA Role, Accessibility
alert ロールは、要素が動的に更新されたことをユーザーに通知するために使用できます。 ロールが追加されると、スクリーンリーダーは更新されたコンテンツの読み上げを即座に開始します。 ユーザーがアラートを閉じることを期待する場合は、代わりに alertdialog ロールを使用するべきです。
32 ARIA: application ロール ARIA, ARIA Role, Accessibility
application ロールは、要素とその全ての子要素をデスクトップアプリケーションと同様に扱うべきであり、伝統的な HTML 解釈テクニックを使用するべきでないと支援技術に指示します。 このロールは、とても動的でデスクトップ的なウェブアプリケーションを定義するためにのみ使用するべきです。
33 ARIA: article ロール ARIA, ARIA Role, Accessibility
article ロールは、ページ、ドキュメント、またはウェブサイト上で容易に自立することができるページのセクションを示します。 これは、通常、コメント、フォーラム投稿、新聞記事、または1ページにまとめられたその他項目などの関連コンテンツの項目に設定します。
34 ARIA: banner ロール ARIA, ARIA Role, Accessibility
banner ロールは、ページの先頭に頻繁に配置される一般的で有益なコンテンツを表します。 これには、通常、ロゴ、会社名、検索アイコン、ページに関連する写真、またはスローガンが含まれます。
35 ARIA: cell ロール ARIA, ARIA Role, Accessibility
ARIA の role 属性の cell 値は、要素を列ヘッダーや行ヘッダーの情報を含まない表形式コンテナ内のセルとして識別します。 サポートされるには、セルが row ロールを持つ要素内にネストされている必要があります。
36 ARIA: complementary ロール ARIA, ARIA Role, Accessibility
complementary ランドマークロールは、メインコンテンツに関連する補助セクションを指定するために使用され、しかも分離しても単独で成り立つことができます。 これらのセクションは、サイドバーやコールアウトボックスとして表示されることがよくあります。 可能であれば、代わりに HTML の <aside> 要素を使用してください。
37 ARIA: contentinfo ロール ARIA, ARIA Role, Accessibility
contentinfo ランドマークロールは、著作権情報、ナビゲーションリンク、プライバシーステートメントなど、ウェブサイトの各ページの最後に繰り返される情報を識別するために使用されます。 このセクションは一般的にフッターと呼ばれます。
38 ARIA: dialog ロール ARIA, Accessibility
dialog ロールは、ウェブアプリケーションまたはウェブページの他の部分からコンテンツまたは UI を分離する HTML ベースのアプリケーションのダイアログまたはウィンドウをマークアップするために使用されます。 ダイアログは、通常、オーバーレイを使用してページコンテンツの残りの部分の上に配置されます。 ダイアログは非モーダル(ダイアログの外のコンテンツとやりとりすることは可能です)またはモーダル(ダイアログ内のコンテンツのみがやり取りできる)のいずれかになります。
39 ARIA: document ロール ARIA, ARIA Role, Accessibility
複雑な複合ウィジェットアプリケーションで一般的に使用される document ロールは、コンテキストを読み取りモードに切り替えることを支援技術を知らせることができます。 document ロールは、ドキュメントモードを使用して、この要素に含まれるコンテンツを読み取るための読み取りモードまたはブラウズモードを支援技術に指示します。
40 ARIA: feed ロール ARIA, ARIA Role, Accessibility
フィード(feed)は動的にスクロール可能な記事(article)のリスト(list)で、ユーザーがスクロールすると記事がリストの両端から追加または削除されます。 feed を使用すると、スクリーンリーダーはブラウズモードの読み取りカーソルを使用して、ユーザーが読むにつれてより多くのコンテンツをロードすることで無限にスクロールし続けることができるリッチコンテンツのストリームを読み、スクロールすることができます。
41 ARIA: figure ロール ARIA, ARIA Role, Accessibility
ARIA の figure ロールは、適切な意味論が存在しないページコンテンツ内の図表を識別するために使用できます。 図表は、通常、1つまたは複数の画像、コードスニペット、または情報を通常のテキストの流れとは異なる方法で配置するその他のコンテンツとみなされます。
42 ARIA: form ロール ARIA, ARIA Role, Accessibility
form ランドマークロールは、HTML のフォームと同等の機能を提供するページ上の要素のグループを識別するために使用できます。
43 ARIA: grid ロール ARIA, ARIA Role, Accessibility
grid ロールは、1つ以上のセルの行を含むウィジェット用です。 各セルの位置は重要であり、キーボード入力を使用してフォーカスすることができます。
44 ARIA: heading ロール ARIA, ARIA Role, Accessibility
heading ロールは、この要素をページやセクションの見出しとして定義します。 ページに構造を与えるために、セクション間の関係を示すレベルも提供するべきです。
45 ARIA: img ロール ARIA, ARIA Role, Accessibility
ARIA の img ロールは、単一の画像とみなすべきページコンテンツ内の複数の要素を識別するために使用できます。 これらの要素は、画像、コードスニペット、テキスト、絵文字、または視覚的に情報を伝達するために組み合わせることができる他のコンテンツであってもよい。
46 ARIA: list ロール ARIA, ARIA Role, Accessibility
ARIA の list ロールは、項目のリスト(list)を識別するために使用できます。 これは、通常、リスト内に含まれるリスト項目(list item)を識別するために使用される listitem ロールと組み合わせて使用されます。
47 ARIA: listbox ロール ARIA, ARIA Role, Accessibility
listbox ロールは、ユーザーが静的な1つ以上の項目を選択するリストに使用され、HTML の <select> 要素とは異なり、画像を含むことがあります。
48 ARIA: listitem ロール ARIA, ARIA Role, Accessibility
ARIAの listitem ロールは、項目のリスト内の項目を識別するために使用できます。 これは、通常、リストコンテナを識別するために使用される list ロールとともに使用されます。
49 ARIA: main ロール ARIA, ARIA Role, Accessibility
main ランドマークロールは、文書の主要なコンテンツを示すために使用されます。 メインコンテンツ領域は、文書の中心的な話題と直接に関連したり発展させるコンテンツや、アプリケーションの中心的な機能のコンテンツで構成されます。
50 ARIA: navigation ロール ARIA, ARIA Role, Accessibility
navigation ランドマークロールは、ウェブサイトまたはページコンテンツをナビゲートするために使用される主要なリンクのグループを識別するために使用されます。
51 ARIA: region ロール ARIA, ARIA Role, Accessibility
region ランドマークロールは、文書内で、著者が重要であると識別した領域を識別するために使用されます。 これは、他のランドマークロールのどれも適切でないときでも、汎用のランドマークを提供することで、人々が容易にナビゲートできるようにするために使用されます。
52 ARIA: row ロール ARIA, ARIA Role, Accessibility
role="row" の要素は、表形式の構造内のセルの行(row)です。 行には、gridtabletreegrid 内の1つ以上のセル、グリッドセル、列ヘッダー、場合によっては行ヘッダーが含まれます。 オプションで rowgroup 内にも含まれます。
53 ARIA: search ロール ARIA, ARIA Role, Accessibility
search ランドマークロールは、ページ、サイト、またはサイトのコレクションを検索するために使用されるページのセクションを識別するために使用されます。
54 ARIA: switch ロール ARIA, ARIA Role, Accessibility
ARIA の switch ロールは、checkbox ロールと機能的に同じですが、"checked" と "unchecked" の状態を表す代わりに、その意味ではかなり一般的なもので、switch ロールは、「オン」と「オフ」の状態を表します。
55 ARIA: table ロール ARIA, ARIA Role, Accessibility
The table value of the ARIA role attribute identifies the element containing the role as having a non-interactive table structure containing data arranged in rows and columns, similar to the native <table> HTML element.
56 ARIA: textbox ロール ARIA, ARIA Role, Accessibility
textbox ロールは、自由形式テキストの入力を可能にする要素を識別するために使用されます。
57 Web アプリケーションと ARIA の FAQ ARIA, Accessibility, Guide
WAI-ARIA は、W3CWeb Accessibility Initiative による、アクセシブルなリッチインターネットアプリケーション (Accessible Rich Internet Applications) の仕様です。ARIA は Web アプリケーションやウィジェットを、スクリーンリーダーや拡大鏡といった支援技術を使用するユーザを含む幅広いユーザに対してアクセシブルにする手段を提供します。
58 widgets Accessibility
This page was auto-generated because a user created a sub-page to this page.
59 概観 Accessibility, JavaScript, Landing, NeedsUpdate
ここでは、動作する例とアクセシブルなJavaScript ウィジェットを作るベストプラクティスを見ていきます。
60 フォーム ARIA, Accessibility
以下のページでは、Web フォームのアクセシビリティを向上させるさまざまなテクニックを紹介します:
61 alerts ARIA, Accessibility, Forms, Web
アクセシブルなエラーチェックを組み入れたいフォーム、例えば問い合わせフォームがあります。よくある問題点は電子メールアドレスが有効ではない、あるいは名前欄に姓も名も含まれていないことです。
62 マルチパートのラベル ARIA, Accessibility, Guide, NeedsContent, label
No summary!
63 基本的なフォームのヒント ARIA, Accessibility, Forms
伝統的な HTML のフォーム関連要素を使用してフォームを実装する際は、コントロール向けのラベルを提供することと、ラベルとコントロールとを明示的に結びつけることが重要です。スクリーンリーダーのユーザがページをナビゲートするときにスクリーンリーダーはフォームコントロールについて述べますが、コントロールトラベルとの間に直接的な結びつきがないと、どのラベルが適切かをスクリーンリーダーが知る方法がなくなります。
64 AT Development AT_APIs, Accessibility
コンピューターソフトウェアのアクセシビリティはこの20年で劇的に改良されました。この記事 (2007年から) では、進歩とテクノロジーが開発されてくるにあわせて振り返っています。
65 AT-APIs
No summary!
66 Gecko
No summary!
67 Gecko Roles AT_APIs, Accessibility, Reference
以下のリストは Gecko で使用されるアクセシブル role です。Role 定数 は nsIAccessibleRole インタフェースで定義されています。
68 ROLE AUTOCOMPLETE AT_APIs, Accessibility
No summary!
69 ROLE CAPTION AT_APIs, Accessibility
No summary!
70 ROLE DOCUMENT FRAME AT_APIs, Accessibility
文書内容のビューが含まれている視覚フレームまたはコンテナ。ドキュメントのフレームが別の文書インスタンス内で発生するかもしれません。その場合、2番目の文書が、含んでいるインスタンスに埋め込まれていると言えます。HTML フレームは、多くの場合、ROLE_DOCUMENT_FRAME です。このオブジェクト、またはシングルトン子孫のいずれかは、Document インターフェイスを実装する必要があります。
71 ROLE EDITBAR AT_APIs, Accessibility
No summary!
72 ROLE ENTRY AT_APIs, Accessibility
テキストコンテンツが、ユーザーによって入力されるか、修正されるコントロール。
73 ROLE FOOTER AT_APIs, Accessibility
文書ページのフッター。また、ROLE_HEADERを参照してください。
74 ROLE FORM AT_APIs, Accessibility
フォームコントロールのコンテナ。
75 ROLE GLASS PANE AT_APIs, Accessibility
窓ガラス。その下のすべてのペインの一番上に描画することが保証されたペイン。また、ROLE_ROOT_PANEを参照してください。
76 ROLE HEADER AT_APIs, Accessibility
No summary!
77 ROLE HEADING AT_APIs, Accessibility
No summary!
78 ROLE HTML CONTAINER AT_APIs, Accessibility
子供が文書内容を表す、HTML のための AA ドキュメントコンテナ。
79 ROLE ICON AT_APIs, Accessibility
No summary!
80 ROLE LABEL AT_APIs, Accessibility
インターフェイスの中のアイコンまたは短い文字列を提示します。
81 ROLE LAYERED PANE AT_APIs, Accessibility
階層化ペイン。その子を層(レイヤー)に描画できる特殊なペインで、重なり順を提供します。これは、通常、ウィンドウ内のビジュアルコンポーネントのほとんどが含まれているペインだけでなく、メニューバーを保持するペインです。ROLE_GLASS_PANEROLE_ROOT_PANE も参照してください。
82 ROLE LISTBOX AT_APIs, Accessibility
オプションのリスト
83 ROLE OPTION PANE AT_APIs, Accessibility
その主な用途がダイアログ内にある特殊なペイン。
84 ROLE PAGE AT_APIs, Accessibility
ドキュメント内容のページを表すオブジェクト。これは、ページ単位でユーザーによってアクセスされたドキュメントで使用されています。
85 ROLE PARAGRAPH AT_APIs, Accessibility
テキストの段落。
86 ROLE PASSWORD TEXT AT_APIs, Accessibility
パスワード、またはテキストコンテンツがユーザーに視覚的に示されていない他の場所に使用するテキストオブジェクトです。
87 ROLE REDUNDANT OBJECT AT_APIs, Accessibility
アクセシブルな階層内で他のオブジェクトと重複しているオブジェクトです。AT は、典型的には、このロールを持つオブジェクトを無視します。
88 ROLE RICH OPTION AT_APIs, Accessibility
リストボックス内の豊富なオプション。それは子供として他のウィジェットを持つことができます。
89 ROLE RULER AT_APIs, Accessibility
ワードプロセッサで使用されるような定規。
90 ROLE SECTION AT_APIs, Accessibility
文書コンテンツのコンテナ。
91 ROLE TOGGLE BUTTON AT_APIs, Accessibility
トグルボタン。オンまたはオフにするが、現在の状態を示す別々のインジケータを提供しないことができる特殊なプッシュボタン。
92 ROLE TREE TABLE AT_APIs, Accessibility
データの複数の列を表示したり、列の展開や折りたたみのできるコントロールを表します。このロールは ROLE_OUTLINE とだまされやすいように見えます。
93 ROLE VIEWPORT AT_APIs, Accessibility
ビューポート。オブジェクトは通常、スクロールペインで使用されます。これは、ユーザーが見ることができるデータ全体の一部を表します。ユーザーがスクロールバーを操作するのに合わせて、ビューポートの内容は変更することができます。また、ROLE_SCROLL_PANE も参照してください。
94 ROLE_ACCEL_LABEL AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
アクセラレータを持つラベルコントロールを表します。
95 ROLE_ALERT AT_APIs, Accessibility, Reference
ユーザに通知されるべき警告または条件を表します。支援技術は、一般的に、このロールの内容を告げるコンテナの画面上のコンテンツ全体を読み上げることにより、ロールに応答します。警告ダイアログ等で使用してください。
96 ROLE_ANIMATION AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
例えばビットマップの一連のフレームを表示するコントロールといった、時間の経過とともに変化するコンテンツを含むアニメーションコントロールを表します。
97 ROLE_APPLICATION AT_APIs, Accessibility, Reference
アプリケーションのメインウィンドウを表します。ROLE_APP_ROOT も参照してください。
98 ROLE_APP_ROOT AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
欧米のキーボード上での漢字の入力のような、キーボードにない文字の入力を可能にするために使用されるオブジェクト。
99 ROLE_ARROW AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
東西南北方向のいずれかの矢印を表します。
100 ROLE_BORDER AT_APIs, Accessibility, Reference
ウィンドウの境界線を表します。
101 ROLE_BUTTONDROPDOWN AT_APIs, Accessibility
アイテムのリストをドロップダウンするボタンを表します。
102 ROLE_BUTTONDROPDOWNGRID AT_APIs, Accessibility, Reference
グリッドをドロップダウンするボタンを表します。
103 ROLE_BUTTONMENU AT_APIs, Accessibility, Reference
メニューをドロップダウンするボタンを表します。
104 ROLE_CALENDAR AT_APIs, Accessibility, NeedsContent, Reference
ユーザーが日付を選択できるカレンダー。
105 ROLE_CANVAS AT_APIs, Accessibility, Reference
イベントに引き込むことができ、イベントをトラップするために使用されるコントロールを表します。
106 ROLE_CARET AT_APIs, Accessibility, Reference
システムのキャレットを表します。このロールは、キャレットのためにサポートされています。
107 ROLE_CELL AT_APIs, Accessibility, Reference
テーブル内のセルを表します。ROLE_TABLE も参照してください。
108 ROLE_CHARACTER AT_APIs, Accessibility, Reference
Microsoft Office Assistant などの、マンガのようなグラフィックオブジェクトを表します。これは、アプリケーションの使い方をユーザに提供するために表示されます。
109 ROLE_CHART AT_APIs, Accessibility, Reference
データを示すためのグラフィカルな画像を表します。
110 ROLE_CHECKBUTTON AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
チェックボックスコントロールを表します。
111 ROLE_CHECK_MENU_ITEM AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
チェックボックスでメニュー項目を表します。
112 ROLE_CHROME_WINDOW AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
フレームの役割。タイトルバー、ボーダー、メニューバーなどを持つトップレベルウィンドウ。 これは、多くの場合、アプリケーションのための主要なウィンドウとして使用されます。
113 ROLE_CLOCK AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
時刻を表示するコントロールを表します。
114 ROLE_COLOR_CHOOSER AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
ユーザが色を選択できるようにする特殊なダイアログを表します。
115 ROLE_COLUMNHEADER AT_APIs, Accessibility, Reference
列ヘッダを表します。テーブルの列のための視覚的なラベルを提供します。ROLE_TABLE も参照してください。
116 ROLE_COMBOBOX AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
コンボボックスを表します。事前に定義された選択肢のセットを提供し、関連リストボックスとエディットコントロール。
117 ROLE_COMBOBOX_LIST AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
コンボボックスを使用して提示された項目のリスト。
118 ROLE_COMBOBOX_OPTION AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
コンボボックスで示されているリストの項目。
119 ROLE_CURSOR AT_APIs, Accessibility, Reference
システムのマウスポインタを表します。
120 ROLE_DATE_EDITOR AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
その目的は、ユーザーが日付を編集することを可能にすることであるコントロールを表します。
121 ROLE_DESKTOP_FRAME AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
デスクトップ区画。内部フレームとそれらの内部フレームのアイコン化をサポートする区画。
122 ROLE_DESKTOP_ICON AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
ROLE_DESKTOP_PANEにおけるアイコン化された内部フレーム。ROLE_INTERNAL_FRAMEを参照してください。
123 ROLE_DIAGRAM AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
データを図式化するために使用されるグラフィックイメージを表します。
124 ROLE_DIAL AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
その目的は、ユーザーが値を設定できるようにすることであるダイヤルまたはノブを表します。
125 ROLE_DIALOG AT_APIs, Accessibility, Reference
ダイアログボックスまたはメッセージボックスを表します。
126 ROLE_DIRECTORY_PANE AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
ディレクトリペイン。ユーザーがディレクトリの内容をナビゲートしたり、選択できる区画。ファイルチューザによって使用されてもよいです。また、ROLE_FILE_CHOOSERを参照してください。
127 ROLE_DOCUMENT AT_APIs, Accessibility, Reference
ドキュメントウィンドウを表します。ドキュメントウィンドウは、常にアプリケーションウィンドウ内に含まれます。
128 ROLE_DROPLIST AT_APIs, Accessibility
カレンダーコントロールを表します。
129 ROLE_EQUATION AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
数式を表します。
130 ROLE_FILE_CHOOSER AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
ファイル選択。ディレクトリ内のファイルを表示し、ユーザーがファイルを選択できるようにする特殊なダイアログが、別のディレクトリをブラウズしたり、ファイル名を指定します。ディレクトリの内容を表示するには、ディレクトリ·ペインを使用してもよいです。また、ROLE_DIRECTORY_PANEを参照してください
131 ROLE_FONT_CHOOSER AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
フォント選択ダイアログ。フォント選択ダイアログは、ユーザーがフォントのための各種属性を選択できるようにするコンポーネントです。
132 ROLE_GRAPHIC AT_APIs, Accessibility, Gecko, Reference, Référence(2)
画像を表します。
133 ROLE_GRIP AT_APIs, Accessibility, Reference
特別なマウスポインタを表します。ユーザにウィンドウなどのユーザインターフェイス要素を操作させます。例えば、ユーザがウィンドウ右下隅のサイズ変更グリップをクリックし、ドラッグしてそのサイズを変更します。
134 ROLE_GROUPING AT_APIs, Accessibility, Reference
他のオブジェクトを論理的にグループ化します。グループ化オブジェクトとそれに含まれるオブジェクトの間に必ずしも親子関係があるとは限りません。
135 ROLE_HELPBALLOON AT_APIs, Accessibility, NeedsContent, Reference
ツールチップやヘルプバルーンの形のヘルプトピックを表示します。
136 ROLE_HOTKEYFIELD AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
ユーザーがキーストロークの組み合わせまたはシーケンスを入力することを可能にするホットキーフィールドを表します。
137 ROLE_IMAGE_MAP AT_APIs, Accessibility, NeedsContent, Reference, Référence(2)
イメージマップ。その領域を表す子リンクを持っています。
138 ROLE_IME AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
欧米のキーボード上の漢字の入力等、キーボードにない文字の入力を可能にするために使用されるオブジェクト。
139 ROLE_INDICATOR AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
このような現在のアイテムを指し示すポインタのグラフィックなどの指標を表します。
140 ROLE_INTERNAL_FRAME AT_APIs, Accessibility, Reference
フレーム内のサブドキュメントです。
141 ROLE_IPADDRESS AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
インターネットプロトコル(IP)アドレスのために設計された編集コントロールを表します。編集コントロールは、IPアドレスの各オクテットのための一つのセクションに分割されています。
142 ROLE_LINK AT_APIs, Accessibility, Reference
何かへのリンクを表します。このオブジェクトはテキストやグラフィックで表現されますが、ボタンのように動作します。
143 ROLE_LIST AT_APIs, Accessibility, Reference
次のいずれかを表します:
144 ROLE_LISTITEM AT_APIs, Accessibility, Reference
リスト内の項目を表します。ROLE_LIST もご覧ください。
145 ROLE_MENUBAR AT_APIs, Accessibility, Reference
ユーザにより選択されたメニューの (ウィンドウのタイトルバー下に配置された) メニューバーを表します。
146 ROLE_MENUITEM AT_APIs, Accessibility, Reference
メニュー項目を表します。実行するコマンドやオプションをユーザに選択させるための、メニュー内のエントリです。
147 ROLE_MENUPOPUP AT_APIs, Accessibility, Reference
メニューを表します。実行する操作をユーザに選択させるための、オプションの一覧を提供します。
148 ROLE_NOTHING AT_APIs, Accessibility, Reference
アクセシブルが、明確に定義されたロールを持っていない場合に使用されます。
149 ROLE_OPTION AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
リストボックス内のオプション。
150 ROLE_OUTLINE AT_APIs, Accessibility, Reference
ツリービューコントロールなどのアウトライン構造またはツリー構造を表します。階層的なリストを表示し、ユーザは下層の展開と折り畳みができます。
151 ROLE_OUTLINEITEM AT_APIs, Accessibility, NeedsContent, Reference
アウトライン構造またはツリー構造内の項目を表します。
152 ROLE_PAGETAB AT_APIs, Accessibility, Reference
ページタブを表します。これはページタブリストの子要素です。ROLE_PAGETABLIST も参照してください。
153 ROLE_PAGETABLIST AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
ページタブコントロールのコンテナを表します。ROLE_PAGETABを参照してください。
154 ROLE_PANE AT_APIs, Accessibility, Reference
フレームウィンドウやドキュメントウィンドウ内のペインを表します。ユーザは他のペイン間および現在のペインのコンテンツ内の間を移動できますが、異なるペイン内の項目間は移動できません。このように、ペインはフレームウィンドウやドキュメントより下位、個々のコントロールよりも上位のグループレベルを表します。
155 ROLE_PARENT_MENUITEM AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
ユーザーが別のメニューを表示するように選択することができ、メニュー内の項目であるメニュー項目を表します。
156 ROLE_POPUP_MENU AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
ユーザーはこれらの選択肢のいずれかを選択するとき、通常、ユーザーに選択肢のリストを提供するために使用され、一時的なウィンドウが非表示になります。
157 ROLE_PROGRESSBAR AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
動的にユーザーが進行中の操作の完了率を示すプログレスバーを表します。
158 ROLE_PROPERTYPAGE AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
プロパティシートを表します。
159 ROLE_PUSHBUTTON AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
プッシュボタンコントロールを表します。
160 ROLE_RADIOBUTTON AT_APIs, Accessibility
ラジオボタンとも呼ばれるオプションボタンを表します。これは、相互に排他的なオプションのグループの1つです。この属性を持つ単一の親を共有するすべてのオブジェクトは、単一の相互排他的なグループの一部であると仮定されます。
161 ROLE_RADIO_MENU_ITEM AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
メニュー項目であるラジオボタンを表します。
162 ROLE_ROOT_PANE AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
ルート区画。ガラス区画と階層化区画を子として持つ特殊な区画。ROLE_GLASS_PANEROLE_LAYERED_PANEを参照してください。
163 ROLE_ROW AT_APIs, Accessibility, Reference
テーブル内のセルの行を表します。ROLE_TABLE も参照してください。
164 ROLE_SCROLLBAR AT_APIs, Accessibility, Reference
垂直または水平スクロールバーを表します。クライアント領域の一部か、コントロール内で使用されます。
165 ROLE_SCROLL_PANE AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
スクロールペイン、これは、ユーザーが大量の情報を少しずつ表示できるようにするオブジェクトです。その子は、スクロールバーとビューポートを含めることができます。ROLE_VIEW_PORTを参照してください。
166 ROLE_SEPARATOR AT_APIs, Accessibility, Reference
セパレータメニュー項目やウィンドウ内のペインを分割するバーなど、空間を二つの領域に視覚的に分割するために使用されます。
167 ROLE_SLIDER AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
ユーザーが最小値と最大値の間の指定された単位で設定を調整することを可能にするスライダーを表します。
168 ROLE_SOUND AT_APIs, Accessibility, Reference
システムサウンドを表します。様々なシステムイベントに関連付けられます。
169 ROLE_SPINBUTTON AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
ユーザーがスピンボックスに関連付けられた別の"buddy"コントロールに表示される値をインクリメントまたはデクリメントすることができます制御であるスピンボックスを表します。
170 ROLE_SPLIT_PANE AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
同時に2つのパネルを表示する特殊なパネルで分割ペイン。二つのパネルの間に、ユーザは1つのパネルが大きく、他方のパネルを小さくするために操作することができる分周器です。
171 ROLE_STATUSBAR AT_APIs, Accessibility, NeedsUpdate, Reference
ステータスバーを表します。現在の操作やアプリケーションの状態、選択したオブジェクトについての情報を表示する、ウィンドウ下部の領域です。ステータスバーには異なる種類の情報を表示する複数のフィールドがあります。
172 ROLE_TABLE AT_APIs, Accessibility, Reference
セルの行と列を含むテーブルを表します。また、任意で行ヘッダと列ヘッダが含まれます。次のロールも参照してください: ROLE_COLUMNHEADER, ROLE_ROWHEADER, ROLE_COLUMN, ROLE_ROW, ROLE_CELL
173 ROLE_TABLE_COLUMN_HEADER AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
テーブルの列のヘッダー。このロールはROLE_COLUMNHEADERのデュープであるに見えます。
174 ROLE_TABLE_ROW_HEADER AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
表の行のヘッダー。このロールはROLE_ROWHEADERのデュープであるに見えます。
175 ROLE_TEAR_OFF_MENU_ITEM AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
そのメニューをはがすと再接続するために使用されるメニュー項目。
176 ROLE_TERMINAL AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
アクセス可能な端末を表します。
177 ROLE_TEXT_LEAF AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
編集を可能にするか、読み取り専用に指定された選択可能なテキストを表します。
178 ROLE_TITLEBAR AT_APIs, Accessibility, Reference
ウィンドウのタイトルまたはキャプションバーを表します。
179 ROLE_TOOLBAR AT_APIs, Accessibility, Reference
ツールバーを表します。よく使用される機能への簡単なアクセスを提供するコントロール (プッシュボタンやトグルボタン) のグループです。
180 ROLE_TOOLTIP AT_APIs, Accessibility, Reference
役立つヒントを提供するツールチップを表します。
181 ROLE_WHITESPACE AT_APIs, Accessibility, Reference, Référence(2)
他のオブジェクトとの間の空白を表します。
182 ROLE_WINDOW AT_APIs, Accessibility, Reference
ウィンドウ枠を表します。これは、タイトルバーやクライアント、ウィンドウに含まれる他のオブジェクトなどの子オブジェクトを含みます。
183 Accessibility FAQ Accessibility
Mozilla のアクセシビリティについて、どこから始めたらよいですか?
Mozilla Accessibility Project
184 Community Accessibility
No summary!
185 アクセシビリティ関連ドキュメントの索引 Accessibility, Index
このドキュメントは、Mozilla Developer Network サイト上の、すべてのアクセシビリティの記事へのリンクの一覧を提供します。
186 アクセシブルな Web アプリケーションやウィジェットの概要 ARIA, Accessibility, Guide, Web apps, Widget
Web は変化しています。静的でページに基づくサイトは、次第に動的でデスクトップスタイルの、JavaScript や AJAX を多用する Web アプリケーションに置き換えられています。デザイナーは JavaScript、HTML、CSS を組み合わせて、驚くような新しいウィジェットやコントロールのすべてを作り上げています。この変化は Web の応答性やユーザビリティを劇的に向上させる可能性を秘めていますが、多くのユーザはアクセシビリティのギャップにより閉め出されてしまう恐れがあります。JavaScript は伝統的に、スクリーンリーダーなどの支援技術のユーザに対してアクセシブルではないと言われてきましたが、現在はさまざまなユーザに対してアクセシブルな動的 Web ユーザインターフェイスを作成するための手段があります。

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
このページの貢献者: mdnwebdocs-bot, Marsf
最終更新者: mdnwebdocs-bot,