aria-activedescendant 属性の使用

この記事では、aria-activedescendant プロパティについて説明します。

説明

aria-activedescendant 属性には、ドキュメントオブジェクトモデル内の複合ウィジェットの一部である、現在アクティブな子オブジェクトの ID が含まれます。 これは、1つ以上の子にフォーカスを持たせるというオーバーヘッドを伴います。 名前が指定するように、複合ウィジェットの現在アクティブな子を管理するのに役立ちます。

ユーザーエージェントと支援技術への影響

ユーザーエージェントは、検索、レンダリング、およびエンドユーザーとウェブコンテンツとのやりとりを容易にするソフトウェアで、aria-activedescendant プロパティーを使用して、フォーカスを持っているアクティブな子について支援技術に通知します。 aria-activedescendant プロパティを使用するこのアクティブな子は、常に画面上に表示され、ドキュメントオブジェクトモデルのコンテナの子孫でなければなりません。

: 支援技術がどのようにこの技術を扱うべきかについての意見は異なる場合があります。 以下に示す情報は、これらの意見の1つで、したがって規範的ではありません。

Example 1: 

 

Code 

動作する例

注 

使用された ARIA 属性

互換性

TBD: 一般的な UA と AT 製品の組み合わせに関するサポート情報を追加する

その他のリソース

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
このページの貢献者: Wind1808
最終更新者: Wind1808,