ARIA の状態とプロパティ

このページは、MDN で取り上げられているすべての WAI-ARIA 属性を網羅したリファレンスページを掲載しています。

ARIA 属性は、アクセシビリティツリーで定義された要素の状態やプロパティを変更することが可能です。

メモ: ARIA はアクセシビリティツリーを変更するだけで、支援技術がコンテンツをユーザーにどのように表示するかを変更します。ARIA は要素の機能や動作を何らかの形で変更するものではありません。意味づけられた HTML 要素を本来の目的や既定値で使用しない場合は、JavaScript を使って動作やフォーカス、ARIA の状態を管理する必要があります。

ARIA 属性の種類

グローバル ARIA 属性

いくつかの状態やプロパティは、ARIA ロールが適用されているかどうかに関係なく、すべての HTML 要素に適用されます。これらは『グローバル』属性として定義されます。グローバル状態やプロパティは、すべてのロールや基本マークアップ要素で対応しています。

上記の属性の多くはグローバルで、特に禁止されていない限り、どの要素にも含めることができます。

「特に禁止」とは、上記の属性がすべてグローバルであることを意味します。ただし、aria-label および aria-labelledby プロパティは、ロール presentation またはその同義語 none (en-US) ロールでは禁止されています。

MDN で定義する状態とプロパティ

以下は、MDN で取り上げた WAI-ARIA の状態やプロパティに応じたリファレンスページです。

aria-activedescendant

aria-activedescendant 属性は、composite (en-US) ウィジェット、combobox (en-US)textboxgroupapplicationにフォーカスが当たっている時、現在アクティブな要素を特定します。

aria-atomic

ARIA ライブリージョンにおいて、グローバルな aria-atomic 属性は、aria-relevant (en-US) 属性で定義された変更通知に基づいて、スクリーンリーダーなどの支援技術が変更された領域をすべて表示するのか、一部だけを表示するのかを示します。

aria-autocomplete

aria-autocomplete 属性は、 combobox (en-US), searchbox (en-US), textbox において、テキスト入力がユーザーの意図する値の一つ以上の予測を発生させるかどうかを示し、発生した場合にどのように予測を表示するかを指定します。

aria-describedby

aria-describedby はグローバル属性で、その属性が設定されている要素を説明する要素(複数可)を特定します。

aria-disabled

aria-disabled 状態は、要素は知覚可能であるが無効であり、編集やその他の操作をすることができないことを示します。

aria-errormessage

オブジェクトの aria-errormessage 属性は、そのオブジェクトのエラーメッセージを表示する要素を特定します。

aria-grabbed

aria-grabbed の状態は、ドラッグ&ドロップ処理で要素が「つかまれた」状態を示します。

aria-labelledby

aria-labelledby 属性は、適用される要素のラベル付けを行う要素(複数可)を識別します。

関連情報