XSLT - パラメータの設定

ジャンプ先:

パラメータの設定

プリコードされた .xsl ファイルと .xml ファイルを使用して変換を実行するのは非常に便利ですが、JavaScript から .xsl ファイルを構成する方がさらに便利です。たとえば、JavaScript と XSLT を使用して XML データをソートして表示することができます。並べ替えは昇順ソートと降順ソートの間で交互に行わなければなりません。

XSLTは xsl:stylesheet 要素の子である xsl:param 要素を提供します。XSLTProcessor は、これらのパラメータと対話する3つのJavaScriptメソッドを提供します:XSLTProcessor.setParameter()XSLTProcessor.getParameter() および XSLTProcessor.removeParameter() です。それらはすべて、最初の引数として xsl:param の名前空間URIをとります (通常 param はデフォルトの名前空間に入るため、null を渡すだけで十分です)。xsl:param のローカル名は2番目の引数です。setParameterには3番目の引数、つまりパラメータが設定される値が必要です。

Figure 7 : パラメータ

/* XSLT:

<xsl:param name="myOrder" />

*/

// JavaScript:

var sortVal = xsltProcessor.getParameter(null, "myOrder");

if (sortVal == "" || sortVal == "descending")
  xsltProcessor.setParameter(null, "myOrder", "ascending");
else
  xsltProcessor.setParameter(null, "myOrder", "descending");

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
このページの貢献者: silverskyvicto
最終更新者: silverskyvicto,