どんなテキストエディタが利用可能ですか?

この記事では Web 開発用のテキストエディタをインストールする際に考慮すべき点をいくつか取り上げます。

学習の前提: Web サイトを構築するために必要な様々なソフトウェアについて知っていること。
学習の目標 Web 開発者としてのニーズに最適なテキストエディタを選択する方法を学びます。

概要

Web サイトは、ほとんどテキストファイルで構成されています。その開発を容易で快適なものにするため、最適なテキストエディタを選びましょう。

テキストエディタは、コンピュータサイエンスにとって基本的なものです(Web 開発はコンピュータサイエンスそのものですよね)。そのため、膨大な選択肢があります。理想を言えば、できるだけ多くのエディタを試して、ワークフローに適したものを見つけるのが良いです。とは言っても、取っ掛かりをつけるため、いくつかの指針をあげることにします。

まず以下の点を検討しましょう。

  • どの OS (オペレーティングシステム) を使用するか?
  • どのような技術を扱うのか?
  • テキストエディタに、どのような基本機能を求めるか?
  • テキストエディタの機能を拡張したいか?
  • テキストエディタを使用している間、サポートやヘルプが必要か?
  • テキストエディタの使い勝手は重要か?

ここまでで価格に言及していないことに注目してください。明らかにそれも重要ですが、製品価格は、その品質や機能とはあまり関係ありません。使いやすいテキストエディタを無料で手に入れることも可能なのです。

人気のあるエディタの例を挙げてみましょう:

エディタ ライセンス 価格 OS サポート ドキュメント 機能拡張
Atom MIT/BSD 無料 Windows, Mac, Linux Forum Online Manual Yes
Brackets MIT/BSD 無料 Windows, Mac, Linux Forum, IRC GitHub Wiki Yes
Coda クローズドソース $99 Mac Twitter, Forum, E-mail eBook Yes
Emacs GPL 3 無料 Windows, Mac, Linux FAQ, Mailing list, News Group Online Manual Yes
Espresso クローズドソース $75 Mac FAQ, E-mail No end user doc,
but plug-in doc
Yes
Gedit GPL 無料 Windows, Mac, Linux Mailing list, IRC Online Manual Yes
Komodo Edit MPL 無料 Windows, Mac, Linux Forum Online Manual Yes
Notepad++ GPL 無料 Windows Forum Wiki Yes
PSPad クローズドソース 無料 Windows FAQ, Forum Online Help Yes
Sublime Text クローズドソース $70 Windows, Mac, Linux Forum Official, Unofficial Yes
TextMate クローズドソース $50 Mac Twitter, IRC, Mailing list, E-mail Online Manual, Wiki Yes
TextWrangler クローズドソース 無料 Mac FAQ, Forum PDF Manual No
Vim Specific open license 無料 Windows, Mac, Linux Mailing list Online Manual Yes
Visual Studio Code Open Source under MIT licence/ Specific licence for product 無料 Windows, Mac, Linux FAQ      Documentation Yes

アクティブラーニング

現在利用可能なアクティブラーニングはありません。貢献を考えてください

詳しく見てみましょう

エディタを選択する基準

それでは、テキストエディタを選ぶとき何を考慮すべきでしょうか?

どの OS (オペレーティングシステム) を使用するか?

もちろんそれはあなたの選ぶことです。しかし、特定の OS でしか使えないエディタもあります。そのため、OSを切り替えて開発する場合には、選択肢が狭まります。システム上で実行できるのなら、どんなテキストエディタでも作業を行うことはできます。でも、クロスプラットフォームエディタを使用すると、OS 間の移行が容易になります。

最初に、あなたが使う OS を選びます。次に、検討中のエディタがその OS をサポートしているか確認してください。ほとんどのエディタは  WindowsやMacのサポート状況を、そのWeb サイトで公開しています。OSのバージョンが限定されている (Windows 7 以降のみをサポートし、Vista はサポートしないなど)場合もあります。Ubuntu を使うのなら、Ubuntu ソフトウェアセンター内を検索することをお勧めします。ただし、Linux/UNIX の世界には多様性があり、ディストリビューションが違うと動作も異なったり、パッケージ間の互換性がなかったりします。あまり流通していないテキストエディタに関心を抱いたりすると、自分でソースからコンパイルする羽目になるかもしれません (気の弱い人にはお勧めできません)。

どのような技術を扱うのか?

一般論を言えば、テキストエディタなら、どんなテキストファイルでも開くことができます。自分のメモ書き程度なら、それで十分です。しかし、Web開発を行い、HTMLCSS、あるいはJavaScriptをで使ったりすると、ファイルはかなり大きくて複雑なものになります。 Webで扱う技術情報に基づいテキストエディタを選択して、作業を簡単にしましょう。多くのテキストエディタには次のようなサポート機能があります。

  • コードの着色: 使用する技術のキーワードを着色表示することで、ファイルが読みやすくなります。
  • コードの補完: よく出てくる構造を自動的に補完して、入力を手助けしてくれます。例えば、 HTMLのタグを自動的に閉じたり、正しいCSS属性の候補を挙げるなど。
  • コードスニペット: 新規にHTML文書を作成していると、同じ構文が何度も出てきます。コードスニペットとして登録した文書の断片を埋めていくことで、何度も入力する労苦から解放されます。

コードの着色はほとんどのテキストエディタがサポートしていますが、他の二つの機能はまだのものが多いのが現状です。使用する予定のテキストエディタが、 HTML、 CSS、それに JavaScriptを着色できるか確認しておきましょう。

テキストエディタに、どのような基本機能を求めるか?

あなたのニーズと計画によりますが、以下の機能は多くの場合に有用です。I

  • 文字列の検索と置換。単一ファイル、あるいは複数ファイルにわたって実行できるとよい。検索には正規表現、必要なら他のパターンを使う。
  • 指定した行へ移動する。
  • 大きなファイルの離れた場所を、画面を分割して表示する。
  • HTMLをブラウザ上で見えるように表示する。
  • 散在する文字列を同時に選択する。
  • プロジェクトファイルとディレクトリを表示する。
  • 自動整形機能で、コードを読みやすくする。
  • 英文などのスペルチェックを行う。

テキストエディタの機能を拡張したいか?

拡張型のテキストエディタは、標準で組み込まれた機能こそ少ないが、必要に応じて機能を拡張することができます

あなたの開発に必要な機能が明確でなかったり、使いたい機能がエディタに組み込まれていないときは、拡張型のエディタを検討するのがいいです。良いとされているエディタは、プラグインできる機能を多数持っており、自分で必要なものを探してインストールできるものもあります。

多くの機能が必要だが、プラグインが多くなってエディタの動作速度が低下するようなら、統合開発環境(IDE: integrated development environment)を検討してみてください。IDEは、統一したインターフェースで多くのツールを使えるので、初心者には少々荷が重いかもしれません。そういう時は、機能を限定して使えばいいのです。有名なIDEの例を下に挙げておきます。

テキストエディタを使用している間、サポートやヘルプが必要か?

一般にソフトウエアを使うときには、ヘルプがあるかないかを知っておくことは重要です。テキストエディタの場合は、以下の二種類のサポートがあるか調べておくといいです。

  1. ユーザー向けのコンテンツ(FAQ、マニュアル、オンラインヘルプなど)
  2. 開発者や他のユーザーとのディスカッション(フォーラム、メール、チャットなど)

使いかたを学ぶには、1.のコンテンツを読むのが有効です。インストールや使用上の問題を解決するには、他のユーザーの助けが役に立ちます。

テキストエディタの使い勝手は重要か?

たしかに、好みの問題かもしれません。いっぽうでは、表示色やボタンの位置など、UI(ユーザーインターフェース)のそこかしこをカスタマイズしたがる人もいます。変更可能な範囲はエディタごとに異なるので、導入前に調べておきましょう。色遣いを変えられるエディタは多くあります。しかし、カスタマイズしたいことがあまり多いようなら、統合開発環境を選んだ方が賢明です。

インストールとセットアップ

テキストエディタのインストールは、非常に分かりやすいのが普通です。その方法はプラットフォーム(OS)によって変わりますが、それほど難しいものではありません。:

  • Windows: インストールファイルは通常、.exe や .msi の実行可能ファイルとして提供されます。また、圧縮ファイル(.zip.7z.rarなど)として提供されることもあります。その場合は、解凍するソフトウエアが別途必要になりますが、.zip ファイルの解凍ソフトはWindowsに標準で付属してきます。
  • Mac: エディタのWebサイトから、.dmg ファイルをダウンロードします。Apple Storeから簡単にインストールできるエディタもあります。 
  • Linux: 主要なディストリビューションについては、グラフィカルインターフェースのあるパッケージマネージャー(Ubuntu ソフトウエアセンター、mintInstall、GNOME Software、 &cなど)からインストールできます。また、 パケージ済みの.deb や.rpm ファイルとして入手できることもできます。リポジトリサーバーからインストールすることも多いし、最悪の場合ソースコードを自分でコンパイルしなければならないこともあります。テキストエディタのWebサイトにあるインストール手順の説明を、じっくり調べることをお勧めします。

新しいエディタをインストールしても、OSは既定エディタを変更しない限り、OSは前のエディタを使ってテキストファイルを開こうとします。ファイルをダブルクリックしたときに使う規定エディタを変更するには、以下のリンクにある説明を参照してください。

次のステップ

良いテキストエディタが見つかったら、基本的な作業環境(テストサーバー)の構築に着手しましょう。あるいは、最初のWebページを書いてみるのもいいでしょう。。