WebAssembly.Instance.prototype.exports

exportsWebAssembly.Instance オブジェクトプロトタイプの読み取り専用プロパティで、 WebAssembly モジュールインスタンスからエクスポートされたすべての関数をメンバ-として持つオブジェクトを返します。これらは、 JavaScript からアクセスして使用することができます。

instance.exports

fetch を使用して WebAssembly バイトコードを読み取った後、 WebAssembly.instantiate() 関数を使用してモジュールをコンパイル、インスタンス化します。このプロセスの中で、 JavaScript 関数を WebAssembly モジュールにインポートします。その後、 Instance からエクスポートされたエクスポート済み WebAssembly 関数 を呼び出します。

var importObject = {
  imports: {
    imported_func: function(arg) {
      console.log(arg);
    }
  }
};

WebAssembly.instantiateStreaming(fetch('simple.wasm'), importObject)
.then(obj => obj.instance.exports.exported_func());

メモ: この例は GitHub 上の instantiate-streaming.html (ライブでも) で見ることができます。

仕様書

仕様書
WebAssembly JavaScript Interface
WebAssembly.Instance: exports の定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報