WritableStream.getWriter()

草案

このページは完成していません。

Experimental

これは実験的な機能です。
本番で使用する前にブラウザー互換性一覧表をチェックしてください。

WritableStream インターフェイスの getWriter() メソッドは、WritableStreamDefaultWriter の新しいインスタンスを返し、そのインスタンスにストリームをロックします。 ストリームがロックされている間、このライターが開放されるまで他のライターを取得することはできません。

構文

var writer = writableStream.getWriter();

パラメーター

なし。

戻り値

WritableStreamDefaultWriter オブジェクトのインスタンス。

例外

TypeError
ライターを作成しようとしているストリームは WritableStream ではありません。

次の例は、このインターフェイスのいくつかの機能を示しています。 カスタムのシンクと API 提供のキューイング戦略を使用した WritableStream の作成を示しています。 次に、sendMessage() という関数を呼び出し、新しく作成したストリームと文字列を渡します。 この関数内で、WritableStreamDefaultWriter のインスタンスを返すストリームの getWriter() メソッドを呼び出します。 forEach() 呼び出しを使用して、文字列の各チャンクをストリームに書き込みます。 最後に、write() および close() は、チャンクとストリームの成功または失敗に対処するための promise を返します。

const list = document.querySelector('ul');

function sendMessage(message, writableStream) {
  // defaultWriter は WritableStreamDefaultWriter 型です
  const defaultWriter = writableStream.getWriter();
  const encoder = new TextEncoder();
  const encoded = encoder.encode(message, { stream: true });
  encoded.forEach((chunk) => {
    defaultWriter.ready
      .then(() => {
        return defaultWriter.write(chunk);
      })
      .then(() => {
        console.log("Chunk written to sink.");
      })
      .catch((err) => {
        console.log("Chunk error:", err);
      });
  });
  // ライターを閉じる前にすべてのチャンクが
  // 確実に書き込まれるように、ready を再度呼び出します。
  defaultWriter.ready
    .then(() => {
      defaultWriter.close();
    })
    .then(() => {
      console.log("All chunks written");
    })
    .catch((err) => {
      console.log("Stream error:", err);
    });
}

const decoder = new TextDecoder("utf-8");
const queuingStrategy = new CountQueuingStrategy({ highWaterMark: 1 });
let result = "";
const writableStream = new WritableStream({
  // シンクの実装
  write(chunk) {
    return new Promise((resolve, reject) => {
      var buffer = new ArrayBuffer(2);
      var view = new Uint16Array(buffer);
      view[0] = chunk;
      var decoded = decoder.decode(view, { stream: true });
      var listItem = document.createElement('li');
      listItem.textContent = "Chunk decoded: " + decoded;
      list.appendChild(listItem);
      result += decoded;
      resolve();
    });
  },
  close() {
    var listItem = document.createElement('li');
    listItem.textContent = "[MESSAGE RECEIVED] " + result;
    list.appendChild(listItem);
  },
  abort(err) {
    console.log("Sink error:", err);
  }
}, queuingStrategy);

sendMessage("Hello, world.", writableStream);

完全なコードは、単純なライターの例にあります。

仕様

仕様 状態 コメント
Streams
getWriter() の定義
現行の標準 初期定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser