ReadableStreamDefaultController.enqueue()

ReadableStreamDefaultController インターフェイスの enqueue() メソッドは、所与のチャンクを関連するストリームのキューに入れます。

構文

readableStreamDefaultController.enqueue(chunk);

パラメーター

chunk
キューに入れるチャンク。

戻り値

undefined

例外

TypeError
ソースオブジェクトは ReadableStreamDefaultController ではありません。

次の単純な例では、コンストラクターを使用してカスタムの ReadableStream を作成します(完全なコードについては、単純なランダムストリームの例を参照)。 start() 関数は、1秒ごとにテキストのランダムな文字列を生成し、それをストリームのキューに入れます — controller.enqueue(string) を参照。 ReadableStream.cancel() が何らかの理由で呼び出された場合、生成を停止するための cancel() 関数も提供します。

ボタンが押されると、生成を停止し、ReadableStreamDefaultController.close() を使用してストリームを閉じ、ストリームからデータを読み取る別の関数を実行します。

const stream = new ReadableStream({
  start(controller) {
    interval = setInterval(() => {
      let string = randomChars();

      // ストリームに文字列を追加
      controller.enqueue(string);

      // それを画面に表示
      let listItem = document.createElement('li');
      listItem.textContent = string;
      list1.appendChild(listItem);
    }, 1000);

    button.addEventListener('click', function() {
      clearInterval(interval);
      fetchStream();
      controller.close();
    })
  },
  pull(controller) {
    // この例では実際には pull は必要ありません
  },
  cancel() {
    // リーダーがキャンセルされた場合に呼び出されるため、
    // 文字列の生成を停止する必要があります
    clearInterval(interval);
  }
});

仕様

仕様 状態 コメント
Streams
enqueue() の定義
現行の標準 初期定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser