ReadableStreamBYOBReader.read()

Experimental: これは実験的な機能です。
本番で使用する前にブラウザー互換性一覧表をチェックしてください。

ReadableStreamBYOBReader インターフェイスの read() メソッドは、バイトストリームの内部キュー内の次のチャンクへのアクセスを提供する promise を返します。

構文

var promise = readableStreamBYOBReader.read(view);

パラメーター

view

読み込み先のビュー。

戻り値

Promise。 ストリームの状態に応じて結果を充足/拒否します。 異なる可能性は次のとおりです。

  • チャンクが使用可能な場合、{ value: theChunk, done: false } の形式のオブジェクトで promise が満たされます。
  • ストリームが閉じられると、{ value: undefined, done: true } という形式のオブジェクトで promise が満たされます。
  • ストリームがエラーになると、関連するエラーで promise が拒否されます。

例外

TypeError

ソースオブジェクトが ReadableStreamBYOBReader ではない、ストリームに所有者がない、ビューがオブジェクトではない、または切り離されている、またはビューの長さが 0 である。

未定。

仕様

Specification
Streams Standard
# ref-for-byob-reader-read③

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser