ReadableStream.pipeTo()

これは実験的な機能です。本番で使用する前にブラウザー実装状況をチェックしてください。

ReadableStream インターフェイスの pipeTo() メソッドは、現在の ReadableStream与えられた WritableStream にパイプし、パイプのプロセスが正常に完了した場合は満たされ、エラーが発生した場合は拒否する promise を返します。

ストリームをパイプすると、通常、パイプしている間はストリームがロックされ、他のリーダーがロックできなくなります。

構文

var promise = readableStream.pipeTo(destination[, options]);

パラメーター

destination
ReadableStream の最終的な宛先として機能する WritableStream
options Optional
ストリームのキャンセル、クローズ、または中止をいつ防止するかを定義できるプロパティを含むオプションのオブジェクト(すべて任意)。 オプションは次のとおりです。
  1. preventClose: これが true に設定されている場合、ソースの ReadableStream を閉じても、宛先の WritableStream は閉じられません。 このメソッドは、宛先を閉じるときにエラーが発生しない限り、このプロセスが完了すると満たされる promise を返します。
  2. preventAbort: これが true に設定されている場合、ソースの ReadableStream のエラーは宛先の WritableStream を中止しません。 このメソッドは、ソースのエラー、または宛先の中止中に発生したエラーで拒否される promise を返します。
  3. preventCancel: これが true に設定されている場合、宛先の WritableStream のエラーはソースの ReadableStream をキャンセルしなくなります。 この場合、メソッドは、ソースのエラー、またはソースのキャンセル中に発生したエラーで拒否される promise を返します。 さらに、宛先の書き込み可能なストリームが閉じた状態または閉じようとしている状態で開始した場合、ソースの読み取り可能なストリームはキャンセルされなくなります。 この場合、メソッドは、閉じたストリームへのパイプが失敗したことを示すエラー、またはソースのキャンセル中に発生したエラーで拒否される promise を返します。

戻り値

パイプのプロセスが完了したときに解決する Promise

例外

TypeError
writableStream および/または readableStream オブジェクトは、書き込み可能なストリーム/読み取り可能なストリームではないか、ストリームの一方または両方がロックされています。

// 元の画像をフェッチ
fetch('png-logo.png')
// その body を ReadableStream として取得
.then(response => response.body)
.then(body => body.pipeThrough(new PNGTransformStream()))
.then(rs => rs.pipeTo(new FinalDestinationStream()))

仕様

仕様 状態 コメント
Streams
pipeTo() の定義
現行の標準 初期定義

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
pipeTo
実験的
Chrome 完全対応 59Edge 完全対応 79Firefox 未対応 なしIE 未対応 なしOpera 完全対応 46Safari 完全対応 10.1WebView Android 完全対応 59Chrome Android 完全対応 59Firefox Android 未対応 なしOpera Android 完全対応 43Safari iOS 完全対応 10.3Samsung Internet Android 完全対応 7.0

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
実験的。動作が変更される可能性があります。
実験的。動作が変更される可能性があります。